名勝負

武豊騎手の名勝負第4弾!1996年阪神大賞典のナリタブライアン!

武豊騎手の名勝負は本当にたくさんあります。ただ名勝負というのは少頭数の時に生まれやすいものだそうです。この1996年の阪神大賞典はまさにその典型的な例といえるでしょうね。今でも語り継がれるレースを振り返りたいと思います。

前年度代表馬マヤノトップガン

1996年の阪神大賞典は、この馬がいたからこそ成立しました。そうです、前年の年度代表馬でありますマヤノトップガンですね。前年の菊花賞と有馬記念を制し年度代表馬でもありました。

騎手は元祖天才・田原成貴騎手。この田原騎手に導かれたマヤノトップガンは秋にメキメキと頭角を現し、菊花賞を3番人気で有馬記念を6番人気で制していました。

少し話はズレるのですが、このマヤノトップガンに武豊騎手は騎乗した経験があったんですね。新馬戦と3戦目から5戦目までユタカジョッキーが騎乗して初勝利を挙げています。

もちろんこの1996年も主役の一頭と目されており、復活を目指すナリタブライアンの最大のライバルだと思われていました。そのマヤノトップガンが1996年の初戦に選んだのが阪神大賞典となり一躍このレースが注目を集めることになったんでしたね。

そしてレースでの1番人気はこのマヤノトップガンでした。前年の成績からすると当然かもしれません。

四冠馬ナリタブライアンは2番人気

そして1994年に無敵の強さで三冠+有馬記念の四冠馬になっていましたナリタブライアン。一年前の阪神大賞典でも7馬身差の楽勝で、1995年ももちろんナリタブライアンの年になるはずでした。

しかし天皇賞・春の前に無念の故障発覚。それと時を同じくして主戦の南井騎手も負傷してしました。

秋の天皇賞・秋で戦線に復帰するも調教不足の指摘もあり仕上がり途上での出走となり12着。騎手は負傷の南井騎手に代わり的場騎手が手綱を取りました。

続くジャパンカップ・有馬記念ではリーディングジョッキーである武豊騎手が騎乗するも本来の姿を見せることなく6着と4着に敗れており、もう限界では?ともいわれていました。

しかし陣営は現役続行を決断。昨年快勝した阪神大賞典をステップに天皇賞・春に進むローテーションが発表されました。

レースは途中からマッチレースに

ここで2頭のブライアンズタイム産駒の年度代表馬対決が3月の前哨戦で早くも実現することになったんですね!この時の阪神大賞典はなんと土曜日開催。阪神競馬場は土曜日にもかかわらず、超満員59896人(JRA発表)のファンがつめかけたビッグレースとなりました。

そして大注目のレースがスタートします。ナリタブライアンの菊花賞の時にも逃げていたスティールキャストの逃げという形でレースが進んでいきます。

まず位置取りですが、ナリタブライアンとマヤノトップガンはトップガンが前でブライアンが後ろ。トップガンを見る形で武ブライアンがレースを進めることに。

そして第3コーナーあたりから田原トップガンがロングスパートをかけて早めに進出していきました。それを武ブライアンが敵はトップガンただ一頭という形でそれに追走していきます。

ゴールは首の上げ下げで勝負が決まる!

そして第4コーナー手間で2頭が馬体を併せるような形で最後の直線の攻防に。

直線の手前からずっと2頭の併せ馬のような形になりました。ここからゴールまでの400メートルがまさにマッチレースになります。

そして追いつ追われつのレースながら、最後の最後のゴール前でナリタブライアンがクビ差だけゴール板を先に通過してこのマッチレースを制しました!

レースを見終わった瞬間、鳥肌が立つようなレースでしたね~

いや~、テンポイントとトウショウボーイのマッチレースを見ていない世代にとっては、たった2頭だけで勝負をしたかのようなレースは初めて経験しましたし、そしてやはりナリタブライアンが復活したというのも大きかったと思います。

馬券的な人気はマヤノトップガンだったかもしれませんが、やはりブライアンファンは圧倒的に多かったと思いますし。

ただこことは直接関係ないのですが、ナリタブライアンの菊花賞を見に行っていた管理人としては、千切るブライアンを見たかったというのはありますね。

また田原騎手も前哨戦で仕上がり途中だったという旨のコメントも残されています。また競馬評論家の大川慶次郎氏も「ブライアンが本調子であれば千切って勝っている」という論調があり、このレースを名勝負と呼ばない方がいいという関係者の声もありますが今見ても凄いレースだと思います。

もちろんどの関係者の声もブライアンが本調子なら接戦にはならないというブライアンの強さを認めた上でのコメントですので、いかに全盛期のナリタブライアンが凄かったかを物語るレースとしても印象的です。

このようなマッチレースになるレースを今後もまた見てみたいものですね!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?