名勝負

武豊騎手の名勝負第2弾!1997年天皇賞・春のマーベラスサンデー!

3強決戦というと見ているファンはゾクゾクするものがありますね。ただ3強全てがすごい実績を持っていることは少なく2頭の実績馬と1頭の上がり馬というケースが多い気がします。

この1997年の3強は3強全てがすごいのですが、マーベラスサンデーだけがG1ホースではありませんでした。このレースを振り返って見たいと思います!

現役最強馬サクラローレル

1997年の天皇賞は大きく盛り上がりましたね。今でもあの時期の競馬は良かったなあとつくづく思いますね(笑)

まずサクラローレルですが、その当時の現役最強馬でした。ジョッキーは東の名手横山典弘騎手

前年には天皇賞・春でナリタブライアンに勝利しG1ホースになり、年末の有馬記念も圧勝し年度代表馬に輝いた馬でした。

マヤノトップガンとの直接対決でも2勝1敗と勝ち越していましたし、マーベラスサンデーには2戦2勝でしたから、3強の中でもこの馬が1番強いという認識は当然ありました。

粗探しをするような感じでしたが、3200メートルのレース前に陣営は前哨戦を使わないという選択肢を取ったことが唯一の不安点だったように記憶しています。

走るフォームが芝を蹴り付ける感じでカッコ良かったですね!

1995年度代表馬マヤノトップガン

1995年度代表馬であるマヤノトップガンがそれに続いて2番人気に推されていました。ジョッキーは元祖天才田原成貴騎手でしたね。

菊花賞・有馬記念・宝塚記念とG1を3勝しており、実績では最上位の存在でしたが、サクラローレルに分が悪かったこともあり、また地味な競馬が多かったせいかあまり人気がありませんでした。

ただ前哨戦である阪神大賞典で後ろから差す競馬をして新しいマヤノトップガンを見せたことでひょっとしたらサクラローレルに勝てるかも?と思われていたのも事実ですね。

 

武豊騎乗のマーベラスサンデー

天才武豊騎手騎乗のマーベラスサンデーはこの2頭に続く存在として注目されていましたね。前年の条件戦から6連勝を果たし一流馬の仲間入りを果たした馬でした。

6連勝後に秋の天皇賞に出走しますがここでサクラローレルとマヤノトップガンと対決し4着に敗れます。(勝った馬はバブルガムフェロー)

そして次戦の有馬記念ではサクラローレルに続く2着。G1は勝てなかったものの強豪ホースとしての認知は高まりましたね。

マーベラスサンデーが前哨戦に挑んだレースは大阪杯でした。ここでは格が違うと言ったレースぶりを発揮して快勝!満を持して天皇賞に参戦することになりました。

3強決戦は直線の攻防に!

他にも伏兵の存在として岡部騎手のロイヤルタッチや蛯名騎手のステージチャンプなど実績馬が色々といましたが、レースの注目はほぼ3頭に。

そしてレースがスタートします。武豊騎手はこのレースは敵はサクラローレルだけという徹底マークの競馬をします。動画で見てもらえばわかるのですが、本当にサクラローレルをぴったりマークしていました。

 

マヤノトップガンは長手綱で出たり入ったりの競馬で少し折り合いを欠いているようにも見えましたが、田原騎手がなんとか後ろで足をためるレースを選択しました。

そして第3コーナーの手前あたりから急にサクラローレルがかかり気味に先頭近くまで押し上げてしまいます。

武豊マーベラスサンデーはローレルがかかったとかはお構いなしに自らもローレルに付いて行き一緒に押し上げていきました。このあたりの攻防は本当に見応えがありましたね!

そして第4コーナーではサクラローレルとマーベラスサンデーが馬体を併せて先頭に。直線ではこの2頭の叩き合いになりましたが、そこにじっと息を潜めていたマヤノトップガンが大外に持ち出していました。

杉本清さんの実況で、「大外からトップガンがきたぞ!」という言葉が印象で残っていますね。

直線でマーベラスサンデーを振り切ったサクラローレルも大外から差しきったレースでした。

この結果1着マヤノトップガン・2着サクラローレル・3着マーベラスサンデーと3強が全て力を出し切ったレースで非常に見応えのあるレースでしたね。今見ても手に汗握る感じになります。

武豊騎手はもう「あの馬(サクラローレル)とは走らない」とレース後に言っていたようですが、徹底マークして振り切られるという力の差を見せつけられてしまった記憶に残るレースとなりましたね。

当時の世界レコードタイムでもあったこのレースですが今でもファンの心に残っているレースだと思いますよ!

2016年のエアスピネルの弥生賞も同じようにリオンディーズマークで行きましたが、これも最後振り切られてしまいました。でもこうやって強い馬に挑んでいく武豊騎手の姿勢は大好きです!

これからもまた熱いレースを見せてもらいましょう!