名勝負

武豊騎手の名勝負第3弾!1999年日本ダービーのアドマイヤベガ!

武豊騎手の名勝負はたくさんあるのですが、この勝負も名勝負と言えるものではないでしょうか?1999年の日本ダービーですね!

これも上位3頭の人気馬がそれぞれに力を発揮したレースになりました。そして見事アドマイヤベガをダービー馬に導いた豊騎手の手綱が光ったレースとなりました!

その3強のレースのそれぞれの臨戦過程などについて書いていきましょう!

皐月賞馬テイエムオペラオー

まずは牡馬クラシック第一弾の皐月賞を伏兵ながら制したテイエムオペラオーですね!

最終的にG1を7勝することになるこの名馬も、この時点では皐月賞勝ちがフロックかもしれないという評価の馬にすぎませんでした。

皐月賞前にはクラシック登録すらしていなかった馬で、追加登録料を支払っての皐月賞参戦で見事に勝利していました。

この日本ダービーでは、3番人気で挑むことになりました。騎手は和田竜二騎手で当時はまだ若手ジョッキーでした!

ダービー1番人気はナリタトップロード

そしてこの1999年の日本ダービーの1番人気は皐月賞で脚を余して負けた感のあったナリタトップロードでしたね。

きさらぎ賞を買ってスターダムに乗り、続く弥生賞でもアドマイヤベガに勝利して重賞連勝。皐月賞では3着に敗れたものの、直線の長い東京では1番強いと思われていた感じでしたね。

このダービーのあとに菊花賞を制することになるナリタトップロードでしたが、生涯ファンの多い馬でしたね。

ジョッキーは渡辺薫彦騎手で、栗東の若手ジョッキーでした。菊花賞の後にG1タイトルを取れなかったのが残念でしたが、本当にファンの多い馬だった気がします!

武豊騎乗のアドマイヤベガ

そして前年の日本ダービーで悲願のダービー制覇を成し遂げていた武豊騎手の騎乗馬はアドマイヤベガでした。

超良血馬で母は武豊騎手が騎乗して牝馬2冠を達成したベガだったこともあり、デビュー当時からかなり話題になっていた馬でした。

その評判通りの強さを見せていたのですが、新馬戦では降着の憂き目にあったり、弥生賞ではナリタトップロードの後塵を拝することになっていました。

しかし血統の良さと一瞬の脚のすごさから、皐月賞は1番人気に。しかし、末脚不発で6着と期待をかなり裏切る形になりました。

ただ、競馬場が広い東京ダービーではこの馬がやはり強いのでは?という根強いファンの後押しもあって、ダービーでは2番人気になりました。

しかし、アドマイヤベガにとっては、デビュー以来ずっと1番人気でしたが初めて2番人気になったことで、少し評価が下がっていたのは事実でした。

直線は3頭のレースに!

そして日本ダービーの幕が開きました。スタートしてからの3頭の序列はテイエム・ナリタ・アドマイヤの順で一番いいポジションにいたのはテイエムオペラオーのように見えました。

そして運命の直線を迎えます。まず、テイエムオペラオーが抜群の手応えで抜け出したところ、これをマークするかのような形で渡辺騎手に駆られたナリタトップロードが襲いかかりました。

そしてマッチレースになるのか?と思っていたところに、いつのまにか武豊騎手のアドマイヤベガが大外に持ち出してテイエム・ナリタを見る位置にまで来ていたのです。

そしてナリタトップロードがテイエムオペラオーを競り落としたその直後にアドマイヤベガがその外から一瞬で抜き去ってダービーの栄冠を手にしました!

このレースを見ていると武豊騎手の好判断がかなり目立ったレースとなりましたが、この時のライバル馬のジョッキーがまだ若手だったこと、そして前年のダービーを武騎手が勝利していて余裕があったことも影響していたように感じます。

ただ人気の3頭で上位を独占した印象深いレースになりました。この後武豊騎手はダービーを3勝しているのですが、この時の騎乗が結構いいきっかけになったような気がします。

今年のダービーはどうなるでしょうか?この時の勝負のような名勝負を期待したいですね!