お手馬

武豊騎手は2018年秋も大活躍できる?凱旋門賞や米BC挑戦は?

2018年の武豊騎手の春のG1戦線はなかなか厳しい状況でした。

3歳クラシック戦線は残念ながら勝つことは難しかったのですが、掲示板には載っていますので一定の成績は残しているのでは?と思います。

それでは武豊騎手の秋競馬の想定を展望してみましょう。

古馬戦線は?

古馬王道路線はもちろん現役最強馬であるキタサンブラックとのコンビで進むことになります。

古馬王道路線というと天皇賞・秋・ジャパンカップ・有馬記念ですね。

キタサンブラックが順当に行けば、凱旋門賞に挑戦すると思いますので、天皇賞・秋は別の馬で挑む可能性が高いと思います。

よってこの3戦の想定は以下のようになると思います。

天皇賞・秋 …  ???

ジャパンカップ … キタサンブラック

有馬記念 … キタサンブラック

またマイルでのパートナーはエアスピネルになるでしょう。この馬は京都で良績をあげていますので、マイルCSはかなり有力ではないかと個人的には思っています。

菊花賞は?

皐月賞・日本ダービーとコンビを組んだダンビュライトの可能性が高いですが、実際にはまだ1勝馬の身ですので、ダービーで2着までに入るかトライアルで権利を取らないと難しいですね。

夏の上がり馬も出てくる可能性がありますので、まだこの路線でのパートナーはわからないですね。

このコンビで間違いない!という馬がでてき次第追記していきたいと思います。

秋華賞は何に乗る?

牝馬路線に目を向けると、桜花賞2着、オークスで5着だったリスグラシューの可能性が高いでしょう。

もちろん強敵はソウルスターリング他色々いますが、秋華賞の舞台はこの馬にあっていると思います。

久しぶりに3歳牝馬G1での勝利をみたいものですね。

注目の2歳新馬は?

2015年から朝日杯のみでG1完全制覇という状況でしたが、2017年に大阪杯とホープフルステークスがG1に昇格しましたので、残りは朝日杯とホープフルの2つとなっています。

武豊騎手G1完全制覇の道!2017年のG1成績と想定される馬は?!

この両方のレースを1頭の馬で達成することは無理ですので、もし今年達成するのであれば、2頭の2歳の有力馬が必要になります。いやー、正直これは難しいでしょう。

でもどちらか一つは取っておいて欲しいですね。ここで勝つと翌年のクラシックにも繋がることになりますから!

2歳戦はかなりの注目になります。どんな2歳新馬に乗るのか今から楽しみです!

凱旋門賞や米BCは?

このレースが2017年の秋、一番の注目レースとなります。

そうですね、世界最高峰のレースとなりますフランス・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞です。

武豊騎手は現役最強馬であるキタサンブラックと挑む予定になっています。

キタサンブラックも凱旋門賞登録へ!次走は予定通り宝塚記念!

脚質的にも先行する馬ですので、極端な外枠にならない限りはいい勝負になるのでは?と競馬関係者も思っている人が多いようですね。

また、アメリカ・ブリーダーズカップにはこれも順調に行けばという注意書きありですが、アウォーディーが参戦する可能性がありますね。

もちろんダートの本場アメリカでのチャレンジになりますし、簡単にはいきませんがなんとか出て欲しい気持ちはありますね!

ここで紹介できなかった上がり馬なども出てくる可能性があります。

秋競馬も武豊騎手に大注目です!!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?