お手馬

武豊騎手2017クラシックを取りたい!エアウィンザーが本命?

2016年は武豊騎手がかなり注目された一年になりましたね。春の天皇賞でG1を制覇し、海外でもエイシンヒカリでフランスG1を勝利したりしました。

ただやはり武豊ファンとしてはクラシックで躍動するユタカ騎手を見たいところです。そこで現段階でクラシックでパートナーを組みそうな馬たちを調べてみることにしました。

2016年はエアスピネルで三冠完走!

全盛期の頃の武豊騎手といえば、クラシックシーズンでどの馬に乗るのかが非常に注目されていましたが、ここ数年はなかなかいいお手馬に恵まれていませんでしたね

しかし、2016年クラシックはエアスピネルと完走しまして、さらに全て掲示板に載るという大健闘をしました!

  • 皐月賞…4着
  • 日本ダービー…4着
  • 菊花賞…3着

2016年のディープインパクト産駒は強力な布陣だったので、古馬になってからG1タイトルを取ってほしいですね!

エアスピネルの弟エアウィンザー!

そのエアスピネルの全弟のエアウィンザーがお手馬の筆頭になりますでしょうか。血統をもう一度確認しておきましょう。

airwin

父 キングカメハメハ  母 エアメサイア

母の父 サンデーサイレンス      所属厩舎 栗東・角居勝彦厩舎

馬主 ラッキーフィールド

角居厩舎と武豊騎手というのは、以前は蜜月関係にありましたが、最近はあまり乗っていないような気がしますがこの馬には期待したいですね!

新馬戦は惜しくも敗れたものの、次走の未勝利戦では断然一番人気をきっちりと勝利しました。

乗って見た感じの距離適性が2000メートル以上の方がいいだろうという見立てで2017年は楽しみになる一頭だと思います。

現在は成長を促している段階で次走は未定ですが、若駒ステークスくらいからの始動になるでしょうか?

キーファーズ期待のジェニアル!

キーファーズという馬主さんは武豊騎手の大ファンで、所有している馬のほとんどのレースを武豊騎手と武幸四郎騎手が騎乗していますね。

キーファーズの代表は松島正昭氏で中古車販売業を営まれているようですね。その所有している馬の中で最も注目を集め、期待の大きいのはジェニアルでしょう。

jenial

父  ディープインパクト     母  サラフィナ

母の父  Refuse To Bend   所属厩舎  栗東・松永幹夫厩舎

馬主  キーファーズ

この馬のお母さんであるサラフィナは欧州の名牝でG1を3勝しています。この馬がフランスで競馬をしていた際の主戦騎手はルメール騎手だったとのことですよ。

現在はまだ牧場でじっくり調整されているようで、年明けデビューになる可能性も高いですが、たくましい姿で新馬戦に出てきてほしいです。

「武豊騎手と凱旋門賞を!」を合言葉にした馬だけになんとか出てきてほしいところです!

朝日杯を取れるか?タガノアシュラ!

そして昨年G1完全制覇を逃した朝日杯ですが、どうやら今年はタガノアシュラで参戦する方向が決まったようですね。

前走の黄菊賞からの距離短縮となりますが、いい勝負を期待したいところです。

ただこの朝日杯には怪物娘のミスエルテが牝馬ながら参戦予定しておりますので、厳しい戦いになるのは間違いのないところだと思います。

それでもユタカ騎手のG1完全制覇に向けてタガノアシュラに頑張ってもらいましょう!