G1レース

2017宝塚記念はキタサンブラックの1強か?相手を予想してみる!

2017年の春のグランプリレースである宝塚記念。有馬記念と比べるといつもメンバーが小粒な感じがしますね。

時期や日程の問題がかなり大きいような気もします。そして今年もサトノダイヤモンドが早々に回避していますね。

サトノダイヤモンドは宝塚記念をパス!凱旋門賞前にフォワ賞予定!

そうなると興味はキタサンブラックがどのような競馬で勝つか、ということになりそうです。2017年の宝塚記念を占ってみましょう。

2016年宝塚記念は3着

天皇賞の頂上決戦を制したキタサンブラックですが、次走は宝塚記念ということはすでに決まっていますね。宝塚記念に出走するとなると昨年に引き続き2年連続ということになります。

昨年も今年と全く同じローテーションで大阪杯2着→天皇賞1着→宝塚記念3着でした。

昨年の宝塚記念は最後マリアライトとドゥラメンテに差されての3着でしたが、今年はドゥラメンテのような強力なライバルも不在ですのでまさに1強状態になると思われます。

しかも今年は大阪杯1着→天皇賞1着とG1に格上げされた大阪杯と天皇賞を連覇して宝塚記念に挑むことになります。

大阪杯の条件よりも200メートルだけ長い距離ですので全く不安はありませんね。

G1・3連勝を決めて秋の大目標である凱旋門賞にはずみをつけて欲しいと思います!

当面のライバルは?

ほとんどライバル不在の状況に思われていますが、そうはいっても競馬ですから何があるかわかりません。

最大のライバルだと思われていた昨年のダービー馬マカヒキも回避する方向ですので、現段階でのライバルはサトノクラウンになるでしょうか。

ただ阪神の内回りは合わないと陣営が大阪杯の後に言っていたようですので、ひょっとすると回避もあるかも?

後は天皇賞に出走組が中心になりそうですね。ゴールドアクターやシュヴァルグランといったところもヒモ人気はするでしょう。

あとは前走の天皇賞で3番人気に推されたシャケトラも圏内に入ってくるかもしれませんね。

ただ、天皇賞で勝負付が済んだと思われる馬が多いと思います。キタサンブラックの単勝人気はかなりの人気になりそうです。

単勝人気はある予想サイトは1.5倍のくらいの予想でした。もし内枠ならもっと人気をするかもしれませんが。

凱旋門賞に向けては負けられない!

色々な面を考えてみてもまず死角が見当たらないキタサンブラックですが、宝塚記念に出走する理由の大きな一つにボーナスがあるでしょう。

春のG1を3連勝すれば2億円のボーナスが入るということですので、これは確実に取りたいと思っているでしょうね。

凱旋門賞に出走すれば、脚質的にも相当面白いと思われるキタサンブラック。

春G1最終戦でも強さを見せつけるでしょうか?

6月25日に注目が集まります!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?