G1レース

2017天皇賞春はサトノダイヤモンドとキタサンブラックの一騎打ち?

いよいよ春の天皇賞が近づいてきましたね。

 

この時期の京都競馬場は本当に気候がよく、見に行くのも最高ですよ!

 

そして2017年には久しぶりにいい戦いが見られるかもしれませんね。

 

そうです、サトノダイヤモンドとキタサンブラックの勝負が待っています。

 

過去の対戦はサトノダイヤモンドの1勝

2016年の年度代表馬に輝きましたキタサンブラックでしたが、秋は京都大賞典、ジャパンカップとともに快勝しました。

 

そして迎えた最後の有馬記念でしたが斤量差で有利な3歳馬のサトノダイヤモンドに惜しくもクビ差だけ敗れてしまいました。

 

あそこまで行ったら勝ちたかったというのも武豊騎手の本音でしょうね。

 

しかしファンはやはり凄いもので、最後はサトノダイヤモンドが1番人気になっていたんですね。

 

そしてその2頭の1,2着ということでキタサンブラックも負けて強しのレースだったことは間違いありません。

 

この有馬記念での対戦だけがこれまでの2強の対戦でしたのでサトノダイヤモンドの1勝ということになっています。

 

キタサンブラック陣営としましては、今度は同斤量ですので負けられないといったところでしょうか。

 

前哨戦の阪神大賞典は楽勝

サトノダイヤモンドの前哨戦は意外と阪神大賞典でした。距離が長すぎるのはよくないと菊花賞前に言っていた陣営でしたので、大阪杯からの始動かと思ったのですが、阪神大賞典ということで中有黙していました。

 

結果は2着のシュバルグランが必死に抵抗を試みましたが完勝。天皇賞前のステップには絶好のレースでした。

 

キタサンブラック前走の大阪杯は快勝

そしてもう一方のキタサンブラックですが、昨年と同じ大阪杯からの始動でした。

 

ただ昨年と違っていたのは大阪杯がG1に昇格していたこと。

キタサンブラックが始動戦でも他の馬たちはここを目標としていた馬が多くいたのは昨年と大きく違っていたところでした。

 

特に最大のライバルと目されたのが昨年のダービー馬であるマカヒキ

 

どんなレースになるのだろうと思ってレースを見ていたのですが、思っていたよりもキタサンブラックがかなりの完成度で完勝

 

昨年よりもさらにパワーアップしている姿を大勢のファンの前で見せつけた感じでした!そしていよいよサトノダイヤモンドの待つ天皇賞へ。

 

これでG1へ昇格した大阪杯も制した武豊騎手。自身のJRA・G1完全制覇まで後2つに再度迫りました。そして天皇賞がいよいよ盛り上がることに!

 

似てるのは1992年の天皇賞か?

このような臨戦過程を踏まえて対決する天皇賞・春。完全な2強決戦対決の構造ですが、このような対決は過去にあったのでしょうか?

 

管理人がこれだけの馬の2強決戦で思い出されるのは、トウカイテイオーとメジロマックイーンの世紀の対決があった1992年の天皇賞・春ですね。

 

トウカイテイオーは前年の皐月賞・ダービーの二冠馬で年度代表馬

 

メジロマックイーンはその前の年の菊花賞と天皇賞・春を制していた古馬最強馬という位置付けでした。

 

今回の対決と図式はすごく似ていると思います。

 

ただメジロマックイーンとキタサンブラックの比較でいうとキタサンブラックの方がG1勝利数では上回っていますし、安定感もあるような気がします。

 

トウカイテイオーとサトノダイヤモンドの比較でいうと、人気は確実にトウカイテイオーの方があったと思います。血のドラマがあったのでそれは仕方ありませんね。

 

ただどちらが強いかという話になればそれは別の話で、今の充実度でいうとサトノダイヤモンドはかなり強い気がします。

 

つまり、今回の対決は現役最強馬決戦となりますので、かなり興味が出る対決だと思います。

 

また両者は秋にはフランス遠征を表明しています。そうです、凱旋門賞ですね。

 

その前の国内最後の対決になるかもしれない天皇賞・春に大注目しましょう!