G1レース

2017安田記念は三強決戦?エアスピネルはG1ホースになれるのか?

 

 

日本ダービーが終了すると残る上半期のG1レースは安田記念と宝塚記念のみになります。

毎年日本ダービーが終了した翌週は安田記念ですが、近年はマイラーの強い馬たちがいるので、盛り上がりがそのまま続くケースも多いですね。

2017年の安田記念もモーリスの後継者選定レースになるのでしょうか?武豊騎手騎乗のエアスピネルを含めて有力とされている3強について少し見ていきたいと思います。

マイラーズカップのイスラボニータ

実績最上位はこの馬でしょうね。皐月賞馬イスラボニータです。

もう皐月賞に勝利したのが、3年以上前の話になるのですね。この時のダービー馬であるワンアンドオンリーは今でも現役ですが、苦しんでいます。

そう考えるとこのイスラボニータは最近のマイラーズカップを勝ったり、マイルCSでも2着に入るなどしてまだまだ一線級として活躍しています。

そして鞍上はクリストフ・ルメール騎手。春のG1レースでも絶好調ですね。エアスピネルの最大のライバルになるかもしれません。

 

東京新聞杯のブラックスピネル

そして同期のライバルはこのブラックスピネルでしょう。

今年最初の京都金杯ではエアスピネルの鼻差2着、そして続く東京新聞杯ではエアスピネルが3着で伸びあぐねましたがこのブラックスピネルはスイスイと行った競馬で完勝しました。

マイラーズカップでは4着に終わりましたが、東京新聞杯を勝った時と同じ舞台になる安田記念ではブラックスピネルも非常に脅威の存在となります。

しかも鞍上はビッグレースに強いミルコ・デムーロ騎手。G1レースでは本当に頼りになるジョッキーですね。

エアスピネルは悲願のG1ホースへ

 

そして武豊騎手騎乗のエアスピネルになります。

ここ2戦はもちろん1番人気でしたが、東京新聞杯3着・マイラーズカップ2着と敗れはしているものの常に上位を賑わせており、ここでも実力は上位クラスだと思われます。

しかしながらちょっと心配なのは、勝ちきれない点でしょうか。

昨年のクラシック戦線においても、皐月賞・ダービー4着、菊花賞3着と常に上位争いはするものの、勝ち味に遅い点は指摘されていたと思います。

この安田記念で悲願のG1制覇となるのでしょうか?

武豊騎手ファンとすれば非常に注目度の高いレースとなります。

ウォッカ以来の安田記念制覇なるか?

そしてこのエアスピネルで安田記念を勝利しますと、2009年のウォッカ以来8年ぶりの制覇となりますね。

武豊騎手の安田記念の人気と着順全成績一覧!2017はエアスピネル?

これまでに武豊騎手は安田記念は3勝していますので、決して苦手なレースとは思えないのですが、久しぶりに美酒を味わってもらいたいと思いますね!

ライバルの鞍上も非常に強力で勝つのはなかなか難しいかもしれませんが、頑張ってほしいですね!