G1レース

2018桜花賞はラッキーライラックとアーモンドアイの一騎打ち?

2018年もクラシックの声が聞こえるようになってきましたね!

 

クラシックの第一弾は仁川の桜花賞から始まるのですが、今年も一頭強い馬がここに参戦してきます。

 

松永幹夫厩舎のラッキーライラックが主役として桜花賞に挑みます!

ラッキーライラックの血統

まずはラッキーライラックの血統から見ていきましょう。

 

父 オルフェーヴル

母 ライラックスアンドレース

母の父 Flower Alley

栗東 松永幹夫厩舎

騎手 石橋脩

 

ここまで4戦4勝の彼女ですが、重賞をすでに3つも勝っていますね。

2歳の時にアルテミスステークスと阪神JF、そして桜花賞の前哨戦となるチューリップ賞を快勝しています。

 

新種牡馬であるオルフェーヴルの産駒ということで注目をされていましたが2歳の時にあっさりとG1を勝利していますね。

新種牡馬オルフェーヴルは成功できる?種付け料の推移や注目産駒は?

 

迎えた前哨戦もほぼパーフェクトな競馬で今の所は死角がないように見えます。

 

ただ昨年のこのレースで大本命になっていたソウルスターリングも桜花賞を勝てなかったですから、絶対はないですけどね。

アーモンドアイが2番人気

そして現在のところ離れた2番人気としてルメール騎手騎乗のアーモンドアイが推されています。

 

このアーモンドアイですが、こちらも種牡馬は新種牡馬のロードカナロア

 

マイルの距離ですから、全く問題ないと思います。

 

でもとにかく鞍上が魅力といえば魅力でしょうね。

 

シンザン記念から直行というローテーションで不安はありますが、牡馬を一蹴したそのレースぶりが評価されての2番人気。

 

なんとなく危険な人気馬という気もかなりしますけどね(笑)

 

ルメール騎手は昨年も一昨年も圧倒的1番人気を飛ばしていますので、今回も見送りが賢明かも!?

 

オッズ的にはかなり離れた2番人気なので一強状態と言えるでしょう。

3番人気はリリーノーブル

そしてさらに離れた3番人気には阪神JFで2着だったリリーノーブルが続いています。

川田騎手は皐月賞で大本命の予想だったダノンプレミアムが回避したのは痛いですね。

 

だからこそこの桜花賞には全力をぶつけて来ると思いますが、ラッキーライラック相手では少し分が悪いような気がします。

我らが武豊騎手のマウレアが4番人気

そして我らが武豊騎手の騎乗するマウレアは4番人気ですね。

 

血統的にはディープインパクト産駒ですし、姉は桜花賞馬のアユサンです。

桜花賞を勝っても全然おかしくありませんね。

 

ただこの距離よりもオークスの方が魅力があるという専門誌もありますけど、桜花賞でも上位に食い込んで欲しいところです。

マウレアは武豊騎手で桜花賞へ!2018オークス向きか?

ラッキーライラックは勝てるのか?

2年連続で圧倒的一番人気の馬が飛んでいる桜花賞。

 

2年前はメジャーエンブレム1.5倍、昨年はソウルスターリング1.4倍でした。

 

今年はそこまでは行かないと思いますが1.6あたりになりそうな気がしています。

 

鬼門の1枠1番というのも気になるところです!

 

万馬券の舞う仁川になるかもしれませんよ!

 

2018年桜花賞に注目です!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?