3歳クラシック

2018年皐月賞の1番人気予想!ワグネリアンかキタノコマンドール?

2018年牡馬クラシック第一弾の皐月賞前に最有力馬の回避のニュースが飛び込んで来ました。

 

前哨戦の弥生賞を完勝していただけにこの回避のニュースは少しショックですね。

 

何かディープインパクト産駒の牡馬がなかなか大成できない理由がこんなところにもある気がしますよ。

 

そして一躍戦国模様の様相を呈して来た皐月賞ですが、どんな展開になるのでしょうか。

1番人気は弥生賞2着のワグネリアンか

皐月賞の1番人気は予想としてはワグネリアンだと思いますね。

 

昨年の東スポ杯が終わった時には、この馬が三冠全て取るのでは?と思いましたが、弥生賞でダノンプレミアムの後塵を拝してしまいました。

ただレース内容的には悲観するものではなく、むしろきちっと折り合えたのは収穫だったと思います。

 

最後脚を伸ばしていますし、福永騎手悲願の春の牡馬クラシック制覇となるかもしれません。

 

リアルスティールの時のような騎乗を見せればこの馬が戴冠する可能性は高いと思います。

2番人気はキタノコマンドールか

そしてにわかに注目を集めている馬がDMMが馬主として話題になったキタノコマンドールですね。

 

ビートたけしさんが命名したというこの馬ですが、たけしさんの独立騒動によりこの馬も少しスポットを浴びているのかもしれませんね(笑)

もちろんレース内容ぶりもセンスを感じさせる内容であり、有力馬としてももちろん注目です。

 

でもそれよりもミルコ・デムーロ騎手が騎乗するというのも人気が上がる要素になっているのは間違いないでしょう。

 

何と言っても皐月賞最多勝利騎手ですし、大レースには特に強い人ですから。

ミルコ・デムーロ騎手の皐月賞成績がすごい!2017年も2着に!

 

一発大駆けの可能性もかなり高いのではないでしょうか。

3番人気はルメールのステルヴィオか

ルメール騎手は当初は2歳G1を勝ったタイムフライヤーに騎乗する可能性も言われていましたが、スプリングステークスを勝ったステルヴィオに騎乗することに決まっていますね。

 

ロードカナロアの産駒なので、どうしても距離の不安が気になりますが、アンカツさんなんかは全く問題ないと言っていますし。

 

2回敗戦しているダノンプレミアムがいないここでは負けられない戦いと思っているかもしれませんが、この馬も確実に人気上位には来るでしょう。

4番人気以降も多士済々

そしてこの後に続くのが武豊騎手騎乗のジャンダルムや、スプリングステークス2着のエポカドーロなどが続いて来ると思います。

 

それに続くのがタイムフライヤー、オウケンムーンあたりでしょうか。

 

なんか共同通信杯1着のオウケンムーンあたりが来そうな感じもしますが。

 

いずれにせよ大本命馬がいないのは少し寂しいですが、面白い皐月賞になるのは間違いなさそうですよ!

 

枠順発表が出たらまた更新したいと思います!