お手馬

エアスピネルは武豊騎手でG1を勝てるか?安田記念か大阪杯?

さて年が明けた2017年ですが、まずは金杯からスタートですね。現在の1600メートル戦になったのが2000年なのでからもう18回目になります。

そしてこの京都金杯に武豊騎手が挑む馬がエアスピネルですね。デビュー以来ずっと手綱を取っている馬だけになんとかG1タイトルを!という思いはあるでしょうね!このエアスピネルと一緒に2017年もなんとか頑張って欲しいところです。

2017年の武豊騎手は見逃せない!クラシックや海外遠征について

2016年はクラシック完走!

まずはエアスピネルの紹介からいたしましょう!

父 キングカメハメハ  母 エアメサイア

母の父 サンデーサイレンス      所属厩舎 栗東・笹田和秀厩舎

馬主 ラッキーフィールド

2016年はクラシック路線を進みまして5戦0勝の成績になってしまいました。

その成績は以下のようになります。

弥生賞   ・・・ 3着

皐月賞   ・・・ 4着(5着入線)

日本ダービー ・・・ 4着

神戸新聞杯 ・・・ 5着

菊花賞   ・・・ 3着

三冠全て掲示板には載りましたが、産まれる年が悪かったのかもしれませんね!

デイリー杯以来の勝利を目指す!

3歳の成績は上記の通り未勝利に終わっていますが、2歳時にはデイリー杯を勝っています。しかしそれ以来勝利がありませんので、ここはなんとか勝ておきたいところでしょう。

2歳の時に勝ったレースは新馬戦もデイリー杯も共にマイル戦でした。そして2着に敗れたものの強いレースを見せたのも朝日杯フューチュリティステークスでした。このレースもマイル戦ですね!

この京都金杯の舞台はしかも京都競馬場ですので舞台はぴったりのはずですよ!

京都金杯の後はドバイか?

この京都金杯の後のローテーションは発表されていませんが、ドバイターフあたりに照準を絞っている可能性もありそうですね。

2015年にクラシックで善戦ホースだったリアルスティールがこのレースを昨年勝っていますので可能性は十分ありそうです。

もしドバイに行くようなことがあれば、マカヒキとの対決があるかもしれません!こうなれば楽しみですね!

春の目標は安田記念?大阪杯?香港?

国内G1の最大目標はマイルを主戦場とすれば安田記念になるでしょうか?それとも距離の融通性を考慮して大阪杯とか香港の選択肢もありそうです。

何れにしてもエアスピネルがG1を取るチャンスはありそうですので、2017年の初戦となる京都金杯は勝って欲しいところですね!

マイルの適正云々が言われていますが、京都金杯である程度わかるかと思います!2017年の年男の武豊騎手に大期待ですね!