お手馬

アウォーディーの次走は帝王賞!秋にはアメリカ遠征も!!

2017年の春現在、日本のダート戦線での主役の一頭であるアウォーディー。ドバイワールドカップから帰国して次走は帝王賞に出走する予定となっています。

秋には再び海外遠征のプランもあるようですので、この帝王賞は勝利して欲しいですね。ちょっと勝利から遠ざかっていますので頑張って欲しいですね!

血統からはダート産駒は考えにくい?

武豊騎手のお手馬でありますアウォーディーですが、血統構成を考えるとダートで強いというのがわからないですよね。

父ジャングルポケット、母ヘヴンリーロマンスですからどう考えても東京の芝コースで走る血統のように思えます。

事実デビューから26戦は全て芝のレースを使っており、ダートは一度も使っていませんでした。

ところが一度ダートを使ってからは安定した成績を残しているところが競馬の面白いところと言えるでしょうか。

ドバイワールドカップは5着に健闘!

前走のドバイワールドカップは日本馬最先着の5着と大健闘でしたよ!

勝った馬は北米での最強馬アロゲートですから致し方ありませんね。この馬は強すぎますから(笑)

ただアウォーディーの実力を見せたとはいえ、まだまだ世界のダートの強豪とはかなり差があることも認識せざるを得ないレースでしたね。

もし今後海外の馬と戦うのであれば今の実力であれば苦戦は必至だと思いますのでさらなる成長とトレーニングが必要になってくるでしょう。

次走は帝王賞

そして現在休養中のアウォーディーですが、次走は帝王賞を予定していますね。

昨年のJBCクラシックまではダート転向後6連勝と破竹の勢いでしたが、チャンピオンズカップ・東京大賞典と惜敗が続きました。

今年ダート界の最強馬となるためには国内でのレースは1敗もしないつもりでレースに挑んで欲しいと思います。

帝王賞には他にも強い馬が出てくると思いますが、楽勝・快勝くらいしてもらってダートでは敵なし!の姿を見せてもらいたいですね!

秋にはアメリカ遠征!?

この帝王賞を勝利すると秋にはアメリカ遠征のプランも持ち上がっているとか。実際のところはちょっとわからないのですが(笑)

アメリカで秋のビッグレースといえばブリーダーズカップになるのでしょうか?

弟のラニが昨年アメリカ三冠レースで遠征していますし、同じ馬主さんですから可能性は全然あるでしょう。

兄弟でアメリカ遠征ということも決してない話ではないと思います。

秋の海外遠征の実現のためにも帝王賞は必勝でいって欲しいですね!