ライバル

デムーロ騎手の菊花賞全成績人気着順一覧!2018年はエタリオウで優勝?

牡馬三冠の最終戦である菊花賞。

昔は最も強い馬が勝つと言われていたレースですが、最近はダービー馬が出なかったりと長距離戦は避けられたりもするようになってきました。

昔からのけーばファンからすると少し寂しい気もしますが。

でもこの長丁場の長距離戦は腕を見せるレースでもあります。

ミルコ・デムーロ騎手の菊花賞のこれまでの成績を見て行きましょう。

デムーロ騎手の菊花賞騎乗は5回

これまで日本のビッグレースを何度も優勝していますミルコ・デムーロ騎手。

この人は本当に重賞とかG1レースでは異常な強さを見せる人ですよね。

そして三冠レースの最終戦である菊花賞ですが、これまでに菊花賞の騎乗自体がそれほど多いわけではありませんね。

これまでにデムーロ騎手は5度の騎乗機会があります。

デムーロ騎手の菊花賞騎乗馬と全成績

年度 騎乗馬 人気 着順
2003 ネオユニヴァース 1 3
2012 アーデント 16 13
2015 ワンダーアツレッタ 9 14
2016 ジュンヴァルカン 8 10
2017 キセキ 1 1

合計 5回の騎乗 1着1回 3着1回 着外3回 勝率.200 複勝率.400

これまでに5回の騎乗というのは意外と少ない気がします。

ただ実質JRAの騎手になったのが2015年からですから、そう考えれば普通の数字かもしれませんが(笑)

最初の参戦は三冠がかかったレースだったネオユニヴァースに騎乗して1番人気で3着でした。

ネオユニヴァースは種牡馬でも活躍してヴィクトワールピサも出していますし、いい馬でしたね。

菊花賞や天皇賞では結果を残せなかったですから、もう少し短い距離の方がよかったんだと思いますが。

思い出に残る一頭ではあります。

2017年はキセキで優勝!

そしてこれまでに勝利したのは極悪馬場での戦いとなった2017年のキセキですね。


またこの2017年はデムーロ騎手のG1成績がすごいことになっていまして、スプリンターズステークスから6回連続で馬券になる着順を残しています。

  1. スプリンターズステークス・・・レッドファルクス1着
  2. 秋華賞・・・モズカッチャン3着
  3. 菊花賞・・・キセキ1着
  4. 天皇賞秋・・・サトノクラウン2着
  5. エリザベス女王杯・・・モズカッチャン1着
  6. マイルチャンピオンシップ・・・ペルシアンナイト1着

さらに言えば春の最終G1だった宝塚記念もサトノクラウンで優勝していますから、騎乗機会7連続で複勝圏内という快挙を残していますよ。

2018年はエタリオウで参戦?

そして2018年のパートナーはエタリオウでの参戦が決まっています!

日本ダービーで人気薄ながらも4着でしたエタリオウですが、前哨戦の神戸新聞杯でも2着に入り力を見せました。

そして本番の菊花賞でも有力馬の一頭として戦うことになりますね。


エタリオウがどんなレースを見せるのか?

父ステイゴールドと同じように2着の多い馬ですが、ミルコ騎手の腕でG1を勝利できるのできるのか注目です!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?