3歳クラシック

武豊グレイルの次走は共同通信杯!3歳クラシックはこの馬?

2018年の武豊騎手はなかなか3歳クラシックにいい馬が集まりそうですね〜

 

デイリー杯を勝ったジャンダルムもそうですし、ここで紹介するグレイルが本命かもしれませんね。

京都2歳ステークスを勝ったことにより、重賞ウイナーとなったので賞金面で心配がなくなりました!

 

2018年クラシックはなかなか強豪ぞろいになりそうですが、武豊騎手はこの馬でクラシックに行くかもしれません。

 

ハーツクライ産駒のグレイルについて調べてみました!

グレイルの血統

父 ハーツクライ 母プラチナチャリス

母の父 ロックオブジブラルタル

厩舎 栗東:野中賢二

馬主 カナヤマホールディングス

 

武豊騎手と結びつきが強い厩舎や馬主さんではなさそうな感じですね。

 

このグレイルはセレクトセールで購入した馬みたいですね!

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスを快勝!

ラジオNIKKEIは「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」のスポンサーから「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」になりましたが現在はホープフルステークスになっています。

 

ラジオNIKKEIの冠スポンサーは2014年からG3競争になって重賞となった京都2歳ステークスに移動してきたようですね。

 

この京都2歳ステークスも2001年までは芝1800メートル、そして2002年から芝2000メートルで行われていますね。

 

この京都2歳ステークスの勝者もこれまでに多くのG1ホースを生み出しています!

 

ナリタブライアン・ヴィクトワールピサ・エピファネイアなどの一流馬がこのレースを勝って出世していますよ!

 

そして2017年のこの競争において、武豊騎手騎乗のグレイルが接戦となりましたが、1番人気のタイムフライヤーを下して勝利しました!

追って伸びたように見えましたので、なかなか奥があるように見えますね!

 

また成長力のあるハーツクライ産駒というのも、クラシックを戦う上ではいいかもしれませんよ。

次走は共同通信杯

そしてこのグレイルの次走が発表されております。

 

次走は東京の共同通信杯ということで、最近はここから皐月賞に直行するローテーションが良績を残していますから、悪くないと思いますね!

 

ただここでかなりの強敵と戦うことになりそうです!

 

シクラメン賞を勝ったオブセッションがここに次走を持ってきそうです。→オブセッションは弥生賞に回ることになりました。

オブセッションの回避により、当然1番人気の支持を集めそぅですが、ここは勝って本番へ挑んでもらいたいですね!

キズナ以来のクラシック制覇を目指す!

最近の武豊騎手は古馬ではキタサンブラックでの活躍がありますけども、クラシックではなかなか勝てていませんね。

 

エアスピネルでの善戦はありましたが、クラシックを勝利したのは2013年の日本ダービー以来勝てていません。

 

5年ぶりのクラシック制覇をこのグレイルと一緒に果たすことになるのか?

 

それとも別の馬とのコンビになるのか?

 

共同通信杯でのパフォーマンスがどんなものになるのか、またジャンダルムがホープフルステークスで圧巻のパフォーマンスを見せるのか。

 

2018年の武豊騎手からも目が離せませんよ!