種牡馬

ハーツクライの2018年種付け料は?代表産駒や有馬記念の画像など

これまでにもG1馬を何頭も出していますハーツクライですが、現在の種付け料は結構強気な設定になっていますね。

 

確かにいい馬は出しているとは思うのですが、ちょっと割高な気がします。ハーツクライの種付け料の推移などについて見ていきましょう。

 

ブラックタイドの2017年種付け料は?デビューからの推移を見る!

ディープインパクトに土をつけた馬

まずハーツクライの血統構成を見ていきます。父は大種牡馬のサンデーサイレンスですね。

 

そして母は武豊騎手が天皇賞・秋で騎乗した経験のあるアイリッシュダンスですね。

父 サンデーサイレンス 母アイリッシュダンス

母の父 トニービン

厩舎 橋口弘次郎厩舎 馬主 社台レースホース

主な勝鞍 有馬記念・ドバイシーマクラシックなど

 

ハーツクライのネーミングはこの母の名前から連想して付けられたようですね。ウィキペディアにはこのように掲載されています。

母の名より連想してダンスパフォーマンスの『リバーダンス』中の一曲「ザ・ハーツクライ(The Heart’s Cry)」から名付けられた。

なんといってもハーツクライが全国に名前を知らしめたのは、2005年の有馬記念でしょう。

 

この年はディープインパクトが無敗の三冠馬になっている年で、有馬記念も勝利は間違いないと思われていました。

 

いつもは最後方から直線一気の末脚を見せていたハーツクライでしたが、この有馬記念では一転して4,5番手の先行策に。

 

騎乗していたのは、現在JRAの騎手でもありますクリストフ・ルメール騎手。結果的にこの作戦が功を奏しディープインパクトを抑えて優勝しました。

翌年JRAのレースは全勝するディープインパクトが国内で唯一先着を許したのはこの有馬記念だけでハーツクライだけなんですね。

 

そして本格化したハーツクライは2006年にはドバイシーマクラシックも優勝して、一躍世界的に見ても強豪馬と認められる存在になりました!

 

ただその後のキングジョージや日本復帰戦で引退レースとなったジャパンカップでは、勝つことができずに引退することになりました。

武豊騎手は4度の騎乗

そしてこのハーツクライには武豊騎手は4回騎乗しています。

 

新馬戦・神戸新聞杯・菊花賞・ジャパンカップ(3歳時)の4回ですね。この中で勝利したのは新馬戦の1回だけでした。

 

菊花賞は1番人気として出走しましたが、7着と結果は出ませんでした。ただこれは本格化する前だったので、仕方ない部分だったと思います。

2007年に種牡馬デビュー

2006年で引退をしたハーツクライは2007年から種牡馬の道を歩むことになります。これはライバルであった1歳下のディープインパクトと同時の種牡馬デビューとなります。

 

2007年の種付け料は500万円でした。

 

そして産駒は2010年にデビューし、2011年のウインバリアシオンが重賞初勝利を挙げることに!

 

現在でも高額種牡馬の1頭として活躍馬を出しています。

デビューからの種付け料推移

その後2007年から2018年までの種付け料の推移を見ていきましょう。

  • 2007年 500万円
  • 2008年 400万円
  • 2009年 350万円
  • 2010年 300万円
  • 2011年 400万円
  • 2012年 300万円
  • 2013年 400万円
  • 2014年 500万円
  • 2015年 800万円
  • 2016年 800万円
  • 2017年 800万円
  • 2018年 800万円

代表産駒はジャスタウェイ

もちろんこれだけの高額な種付け料になっているのは、多数の活躍馬がいるからですね。

その多数の活躍馬の中で最も活躍した馬といえばジャスタウェイでしょう。

 

秋の天皇賞とドバイデュティーフリー、安田記念を制した名馬でした。中でもドバイのレースにおいては国際クラシフィケーションの評価において世界ナンバー1を獲得しましたね!

 

他にもダービー馬ワンアンドオンリーや現在も活躍していますシュヴァルグラン、そして2017年に武豊騎手騎乗で活躍しているリスグラシューなど現在でも多くの活躍馬を輩出しています。

 

またグレイルが出てきましたのでこれも楽しみですよ!

2018年の種付け料は800万円

そして2017年の種付け料も800万円と高額な金額に設定されていますね。

 

これで4年連続800万円でこの金額はディープインパクト・キングカメハメハに続く3番目の金額になっています。

 

ディープインパクトよりももう少し長い距離を得意とする種牡馬として今後も活躍が期待されるハーツクライ。

 

グレイルも頑張ってG1ホースとなって欲しいですね!

[blogcard url=”https://takeyutakafun.xyz/grail-kyodo”]

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?