2歳馬

ヘンリーバローズは怪物か?シルバーステートの弟は大物になる?

先日セレクトセールでシルヴァースカヤの2016が高額で落札されました。

 

この馬の価格は2億6000万円ということでかなりの話題に。

 

そしてこのシルヴァースカヤの2016のお兄さんになりますヘンリーバローズがいよいよ出陣することになりました!

 

注目度の高いこの馬ですが、いよいよベールを脱ぐことになるのでしょうか?

参照:競馬ニュース

兄シルバーステート

いよいよ注目の2歳馬がデビューするので、期待値は否が応でも上がりますね。

 

稽古の動きだけを見ると兄以上の逸材では?とも言われて居ますヘンリーバローズ

 

まずは7月16日の新馬戦でデビューしますが、圧倒的な人気を背負うことになりましたね。

 

中京の2000メートルをデビュー戦に選んだということは、もちろんクラシックを意識してのことだと思います。

 

どんなレースをするのか楽しみですね。

角居厩舎期待の馬か?

そして毎年クラシックに有力馬を送り出している角居厩舎ですから、この馬にも期待がかかっているのは間違いないですね。

 

馬主は猪熊広次という方ですが、ビッグレースを勝っているイメージがあまりありませんね。

 

そこに一抹の不安がありますが(笑)

 

ただ兄弟が走ったからと言って、下も走るかといえばそうでもないのがこの世界。

 

今年の3歳でもエアスピネルの弟のエアウィンザーは武豊騎手で結局クラシック路線に乗れませんでしたし、なかなか難しいものですよね。

 

兄であるシルバーステートは故障でクラシックにはいけませんでしたが、復帰後のパフォーマンスを見ても、今後G1を取れる可能性があることは間違いないところでしょう。

 

ヘンリーバローズのデビュー戦はどんなパフォーマンスを見せるのでしょうか?

騎手は今後も川田騎手?

このデビュー戦の手綱を取るのが川田将雅騎手ですね。

 

角居厩舎の馬で川田ジョッキーが乗るのは珍しくはありませんが、これほどまでの評判馬に乗った印象があまりありませんね。

 

なんとなくミルコやクリストフがよく手綱を取っているイメージがあります。

 

弟のセリで一躍注目の存在になりましたヘンリーバローズに注目したいと思います!

 

脚元だけが心配のこの馬ですが、来年のダービーはこの馬を中心に展開しているかもしれませんね!

 

そしてデビュー戦の結果は2着でした!

評判馬2頭の一騎打ちとなりましたが、ハナ差でワグネリアンに負けてしまいました。

 

でも負けて強しの内容で上がり3ハロンはこの馬も32.8。

 

そういえばシルバーステートも初戦は負けていました。

 

もちろん次走は確実に勝てるとは思います。

 

2歳戦を盛り上げる存在になって欲しいですね!