ライバル

川田将雅の日本ダービー人気着順の全成績!2017はサトノアーサー

リーディングでも常に上位争いをしています川田将雅騎手。今や中堅どころのトップジョッキーと言っていい存在になっています。

ダービージョッキーになった川田将雅騎手の日本ダービーの成績を見て行きたいと思います!

日本ダービーはこれまで10度の騎乗

川田将雅騎手はこれまで日本ダービーの騎乗は10回あります。初めてのダービー騎乗は2006年のスーパーホーネットが最初の騎乗でした。

それでは川田将雅騎手の日本ダービーの人気と着順を見ていきましょう。

川田将雅騎手の日本ダービーの全成績一覧

人気

2006

スーパーホーネット

15

18

2007

マイネルフォーグ

12

18

2008

アドマイヤコマンド

7

4

2009

ゴールデンチケット

7

12

2011

エーシンジャッカル

16

18

2012

ゼロス

16

11

2013

ラブリーデイ

7

17

2014

トゥザワールド

5

2

2015

レーヴミストラル

9

4

2016

マカヒキ

1

3

2017

サトノアーサー

10

5

これまでの騎乗合計は11回で、優勝が1回ですね。残りの10回は全て着外になっています。

優勝の1回ですが記憶に新しい2016年のマカヒキで初めての美酒を味わっています。3強決戦で盛り上がり、史上最高のレベルと形容された2016年のダービーをマカヒキで積極的な騎乗をして栄冠を勝ち取ったイメージですね。

ただこのマカヒキに川田騎手が騎乗したのは皐月賞とダービーの2戦のみで、その前も後も川田騎手は騎乗していませんね。今後またコンビ復活があるのでしょうか?

他の年で人気を集めたのは2014年のトゥザワールドでした。この時は2番人気を集めましたが、5着に敗れています。

トゥザヴィクトリーの子はよく走るのですが、結局G1は取れていません。なんだか善戦ホースのイメージが強いです。

現在はトップジョッキーの川田騎手ですので、今後はまだまだ勝ち鞍を増やしていきそうですね。ダービー2勝目は案外早いかもしれません。

2017年はサトノアーサー?

そして2017年のパートナーは池江厩舎のサトノアーサーになりそうです。

2016年の時は最大のライバルだと目されていたサトノダイヤモンドに競り勝ってダービージョッキーになった川田騎手が今度は里見オーナーをダービーオーナーに導くでしょうか?

ローテーション的にはなかなか勝てるようなイメージが持てませんが、良血の池江厩舎でありこのダービーを目標に調整されていますので、軽視は禁物です。

池江厩舎は2017年3頭出しの予定で、もともと最も期待されていた馬がサトノアーサーということを考えると一発あるかもしれませんよ!

結果は5番人気の10着に終わってしまいました。やはり、王道ローテ以外は勝利が必要なようです。

でも2018年にはまた有力馬に騎乗している可能性もかなり高いのでは?