お手馬

キタサンブラックも凱旋門賞登録へ!次走は予定通り宝塚記念!

春の天皇賞を制しましたキタサンブラックですが、正式に凱旋門賞の登録を完了したようですね!スーパーレコードで駆け抜けました天皇賞でしたから、疲れが心配でしたが無事に放牧に出されたようです。

秋の大目標の前に春のG1・3連勝がかかっていますので、今はゆっくり英気を養って欲しいですね。

宝塚記念は昨年は3着

今年堂々のチャンピオンホースとして宝塚記念に出走する予定のキタサンブラックですが、昨年はファン投票でも1位で出走していたんですね~

昨年は同期のライバルであるドゥラメンテがいたので1位ではないと思っていましたが、やはり武豊ファンの人気は絶大です(笑)

そしてレースでは2番人気に推されましたが、最後の直線でマリアライトに差され、最後の最後にドゥラメンテにも差されての3着になっていました。

でも昨年よりもかなり強くなっていますので、今回はかなり期待できるのではないかと思います。

ファン投票2年連続1位は確実

そして今回出走を表明しています宝塚記念ですが、間違いなくファン投票の1位になるでしょうね(笑)

最大のライバルとなるサトノダイヤモンド陣営が早々に宝塚記念の出走回避をしていますので、ファン投票でのライバルはどの馬になるでしょうか?

今出走を表明しているメンバーで人気になりそうな馬としては昨年のダービー馬マカヒキでしょうか。でも人気投票ではかなりの差がつくと思います。

宝塚記念を勝てば2億のボーナス

大阪杯と天皇賞・春を制したキタサンブラックはこれで生涯獲得賞金が13億4413万9000円となっています。これで宝塚記念を勝利すれば1着賞金が1億5000万円ですので約15億円になります。

これに春のG1・三連勝でのボーナス2億円が足されますと約17億円になりますね。現在リーチをかけている段階ですので、こうなれば誰が馬主でも宝塚記念は出走させると思います。

当面のライバルとなるのはマカヒキ・ディーマジェスティあたりになるでしょうか?

勝負付けが済んだ馬との対戦になりますと、今度のレースは単勝1倍台の可能性もありますね。

凱旋門賞への壮行レースとなるか?

清水調教師は次走は宝塚記念を明言されていますが、その後のローテーションについては明言されていません。

ただ凱旋門賞へ出走するのは3つの選択肢があるとしています。

1つ目は愛チャンピオンステークスへの出走

2つ目は前哨戦であるフォワ賞を使っての出走

3つ目は直行プラン

このようになっており、どうなるかはまだ全然わからないとのことです。

ただ凱旋門賞に行くとすればその前の最後の国内レースとなりますので、なんとか勝ってフランスに行って欲しいですね!!