過去の名馬

武豊騎手のダート最強馬といえばクロフネ!ドバイで狙えた世界の脚

武豊騎手はこれまでに数多くのダートの地方G1を勝利しています。むしろダートはすごくうまい印象がありますね。

しかしこの馬ほど本当に世界を狙えたし、世界ナンバー1になっていてもおかしくない馬はいなかったと思います。人気も実力もあったクロフネについて振り返ってみたいと思います。

3強決戦に完敗

外国産馬のクロフネはクラシックへ門戸開放元年に黒船来襲を思わせるようなネーミングでデビューしました。流石は金子馬という感じですね。

芦毛で白いけど「クロフネ」という名前が実にかっこいい馬でした。

ダートの強豪馬という印象が非常に強い馬だと思いますが、デビューしてすぐの頃は芝での勝ちっぷりにおいても、ダービーを狙えるという声が大きかったですね。

初戦の新馬戦は敗れたものの折り返しの新馬戦・エリカ賞と連勝したクロフネは圧倒的1番人気で暮れの重賞「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」に出走いたします。

後にこのレースは本当にすごいメンバーが集まったレースといわれることになるのですが、レース前はクロフネの1強状態のようなオッズでした。

しかし、レースは2番人気のアグネスタキオンの快勝で一気に勢力図が塗りかえられたレースとしても印象的です。この時クロフネは3着で2着には札幌3歳ステークスの勝ち馬であるジャングルポケットが入りました。

NHKマイル→ダービー

年が明けての目標は当然ダービーでした。しかし、なかなか調整が進まず初戦は毎日杯に決定、圧倒的1番人気で2着に5馬身差をつける圧勝を収めました。

次に選んだレースが、いわゆる「マツクニローテ」と言われるNHKマイルカップから日本ダービーという異例のローテーションが発表されました。

そして迎えたNHKマイルカップ。直線までなかなかエンジンのかかりが遅かったクロフネでsが、最後に差し切って初のG勝利を飾ることに。このNHKマイルカップから武豊騎手が騎乗しております。

そして競馬の祭典日本ダービーでは2番人気を集めたものの、距離が少し長かったせいもあり5着と敗れてしまいました。この時のダービー馬がジャングルポケットでしたね。

アグネスタキオンが皐月賞の勝利後に故障をしてしまい引退したのが残念な年でもありました。

天皇賞・秋出走できずダートへ

夏を越したクロフネは秋の目標を菊花賞ではなく天皇賞・秋に定めます。この年から外国産馬も天皇賞に出走できるようになり、秋の天皇賞でクロフネが見たいファンはかなりたくさんいたと思われるのですが、菊花賞トライアルの神戸新聞杯で3着に敗れてしまいます。

2頭の外国産馬枠は獲得賞金順になっており、メイショウドトウとクロフネが出るものだと思っていましたが、なんと賞金で上回るアグネスデジタルが優先権を持ったことからクロフネは天皇賞に出られなくなってしまいました。

結局クロフネが出られなかった天皇賞でアグネスデジタルが勝利したことから、アグネスデジタルも強かったんだ、とファンに認められましたが、出走前はかなりのブーイングがあったと思います。

そして弾かれたクロフネは天皇賞の前日のレースである武蔵野ステークスに登録いたしました。

そこでのパフォーマンスがすごかった。前年のNHKマイルカップ優勝馬のイーグルカフェに9馬身差をつける大楽勝、しかもタイムが芝でのタイムかと思うほどの1.33.3だったんですね!

タイムは当然レコードでしかも1秒2早いタイムでのレコードでした。

そうなると俄然次走のジャパンカップダートに注目が集まります。そしてここでも圧巻のパフォーマンスを見せました。

ダートの本場であるアメリカからリドパレスが参戦していましたが、圧倒的1番人気はクロフネに。そしてレースは直線に向いた時にはすでに先頭に立っていました。

そして千切って千切って2着のウイングアローに7馬身差の大楽勝、しかもタイムも2.05.9とレコードを1.3秒も大幅に縮めるレースから、翌年のドバイワールドカップでの世界制覇が現実のものとして考えざるを得ないレースでしたね!

しかし残念ながら屈腱炎を発症、そのまま引退して種牡馬入することになりました。

世界の夢は産駒へ

産駒に自身の成績を超えるような馬は出ていませんが、サンデーサイレンスの血統を持っていないクロフネはいろいろな面でつけやすい種牡馬のようですね。

そして産駒の傾向はマイルまでの距離の馬が多いような気がします。

武豊騎手とのコンビで話題にもなったクロフネサプライズをはじめ牝馬の活躍馬が多いのもクロフネの特徴のようですね。

今でもファンの間で人気の高いクロフネ。いつの日にか武豊騎手を背にダートでクロフネ級の強さを持つ馬の出現を期待しましょう!