ライバル

ルメール騎手のJRAG1勝利まとめ!ハーツクライが1勝目!

ルメール騎手の勢いが止まりませんね。3週連続G1勝利という偉業を成し遂げましたが、4週連続ということも十分に考えられるパートナーで安田記念に挑みます。

2015年にJRA所属の騎手になる前から、短期免許で来ていたルメール騎手はこれまでにG1をどれくらい勝利しているのか。

その全ての勝利についてまとめてみました!

ハーツクライの勝利がG1初勝利

ルメール騎手のG1初騎乗は2003年のジャパンカップでアナマリーに騎乗したのが一番最初となっています。

その翌年、ダンスインザムードで天皇賞に挑んだ時の人気はなんと13番人気。その低人気ながら2着に持ってきたあたりから、注目されはじめています。

そして2005年のディープインパクト一色で染まった有馬記念。このレースでこれまで後方待機していたハーツクライを一転先行策の競馬をし、ディープインパクト以下を完封して勝利したのがルメール騎手の初めてのJRA・G1勝利となりましたね。

この時はディープインパクトが敗れた時のショックがかなり大きかったですよね。しかし、ハーツクライを先行策に持っていったジョッキーの腕はすごいものがあったと思います。

この初勝利から現在までのG1勝利のすべてを見ていきましょう。

2005年から2014年まで

短期免許取得で2004年からは毎年騎乗をしに来ていたルメール騎手。短期取得の時でもG1レースを勝っています。

2005年 有馬記念
ハーツクライ 4番人気

2008年 エリザベス女王杯
リトルアマポーラ 4番人気

2008年 ジャパンカップダート
カネヒキリ 4番人気

2009年 ジャパンカップ
ウォッカ 1番人気

2013年 ジャパンカップダート
ペルシャザール 3番人気

5頭の馬でG1を5勝していますね。2009年のウォッカは武豊騎手からのスイッチで勝ったレースでしたね。

武豊ファンからしてもこの時のルメール騎手の騎乗は確かにうまいな、と思わせるものでもありました。

2015年から現在まで

そして2015年からJRA所属の騎手となってから現在までのG1勝利を見ていきましょう。

2015年 阪神ジュベナイルフィリーズ
メジャーエンブレム 1番人気

2016年 NHKマイルカップ
メジャーエンブレム 1番人気

2016年 菊花賞
サトノダイヤモンド 1番人気

2016年 阪神ジュベナイルフィリーズ
ソウルスターリング 1番人気

2016年 有馬記念
サトノダイヤモンド 1番人気

2017年 ヴィクトリアマイル
アドマイヤリード 6番人気

2017年 優駿牝馬(オークス)
ソウルスターリング 1番人気

2017年 東京優駿(日本ダービー)
レイデオロ 2番人気

この3年間で8勝を挙げていますね。内訳は2015年は1勝で2016年は4勝、そして2017年は上半期だけで3勝を挙げています。

2017年はさらなる上積みもまだまだ期待できますね。年間6勝くらいしそうな勢いです。

今後、来年以降に関しても騎乗依頼は当分は減りそうにありませんから、G1を何勝もしていきそうです。

武豊騎手にとっての最大のライバルはこのクリストフ・ルメール騎手かもしれませんね。

切磋琢磨で腕を挙げてほしいですね!