種牡馬

新種牡馬ロードカナロアの血統は?種付け料の推移や注目産駒は?

参照:競馬ニュースTV

2017年の新種牡馬ですでに勝ち馬を出しているロードカナロアステルヴィオが早速新馬勝ちをしていますね。

注目の新種牡馬であるロードカナロアについて調べて見ましょう。

短距離馬で年度代表馬に!

ロードカナロアの競争馬時代の成績は素晴らしいものがありました。

短距離馬で年度代表馬になったのはタイキシャトル以来2頭目ということもかなりこの馬が強烈に強かったことをあらわしています。

それでは少し成績を振り返って見ましょう。

G1勝利(JRA)

2012年・・・スプリンターズステークス

2013年・・・高松宮記念・安田記念・スプリンターズステークス

G3勝利

2011年・・・京阪杯

2012年・・・シルクロードステークス

2013年・・・阪急杯

全17戦11勝 G1・4勝 G3・3勝

全17戦のうち4着以下は一度もありません。一番下の着順であった3着もG1高松宮記念で、非常に安定した走りを見せる馬だったことがよくわかりますね。

またスプリントG1の3連覇というのも偉業になります。スプリンターズSの連覇はサクラバクシンオー以来でしたね。

海外G1も勝利!

そして2012年に挑戦した香港スプリントを快勝、そして引退レースとなった2013年の香港スプリントは5馬身差をつけるという圧勝を果たしています。

参照:JBIS

つまり香港スプリントは2連覇で、これは日本馬としては当然初めての快挙です。

父キングカメハメハ

ここでロードカナロアの血統構成を見てみましょう。

父キングカメハメハ 母レディブラッサム

母の父 Storm Cat

父キングカメハメハは言わずと知れた大種牡馬ですね。2017年の日本ダービー馬レイデオロ他ドゥラメンテなどの一流の産駒を出しています。

キングカメハメハ産駒のG1完全制覇への道!未勝利レースはどれ?

その活躍している産駒の中で最も活躍したのはこのロードカナロアでしょう。G1レースを6勝の実績はやはりすごいものがありますからね。

ただ短距離にこれだけ強い馬はロードカナロアしかいないのも事実です。突然変異的な産駒だったのでしょうか?

キングカメハメハ産駒の特徴は?長距離やダート適正や血統など

種付け料は?これまでの推移

2013年の香港スプリントを最後に競走馬を引退したロードカナロア。種牡馬デビューは2014年からになります。

これまで4世代の産駒を輩出しており、2017年にデビューする馬たちが初年度産駒になります。

2014年からの4世代の種付け料の推移を見ていきましょう。

2014年・・・500万円

2015年・・・500万円

2016年・・・500万円

2017年・・・500万円

いずれも高額な種付け料となっていますね。

注目産駒は?

これだけ注目の新種牡馬ですから、当然注目産駒もいます。ここでは2頭の馬を取り上げて見たいと思います。

最も注目されていますのはトゥザヴィクトリーの子供である「トゥザフロンティア」でしょう。兄にトゥザワールドやトゥザグローリーがいる超良血馬になります。

兄たちが手に届かなかったG1を勝つことができるでしょうか?

そしてもう一頭は母ロンドンブリッジの子供です。

安田記念でも新星として期待されていたグレーターロンドンの妹になります。この産駒もかなり注目したいところですね。

キングカメハメハの後継種牡馬としてかなりの期待をされているロードカナロア。サンデー系の牝馬に種付けできるのは大きいと思います。

2歳新馬を早速勝利していますので、今後の活躍が本当に楽しみになりました。2歳戦線を引っ張る存在になるかもしれませんね!