お手馬

2017武豊の3歳牝馬はリスグラシュー!桜花賞2着からオークスへ!

年が明けた2017年にいきなりビッグニュースが来ましたね!武豊騎手でアルテミスステークスを勝ち、暮れの阪神ジュベナイルフィリーズで2着に入ったリスグラシューが春の牝馬クラシックのパートナーとなることが発表されました!

阪神ジュベナイルフィリーズの日は香港カップの日でしたので騎乗できませんでしたが、久々に牝馬戦線でいい馬が回ってきましたね!

リスグラシューの血統は?

父 ハーツクライ  母 リリサイド

母の父 American Post      所属厩舎 栗東・矢作芳人 厩舎

馬主 キャロットファーム

昨年のリーディングトレーナー矢作厩舎所属ですね!父がハーツクライですから、距離は持ちそうな感じですね。

ただ母の父であるAmerican Postがマイラーだっただけに更に距離が延びた時にどうかです!

そしてリスグラシューの意味はフランス語で、優美な百合という意味があるようです。キャロットの馬はオシャレな名前の馬が多いような気がしませんか?

次走はオークス!

これまで6戦2勝のリスグラシューですが、2歳時の阪神ジュベナイルフィリーズや前走の桜花賞は負けて強しの内容のレースでした。

阪神JFでは負けてしまったソウルスターリングには桜花賞で先着しましたし、まだ勝負付けは済んでいないと考えるのが自然ですね。

アルテミスステークスでは、レコードで走っていますのでマイルの距離はやはり走ります。しかし次走は2400メートルのオークス。

ただ父がハーツクライですので、距離は大丈夫だと思われています。

ただファンディーレもいますし、牝馬戦線も戦国時代という構図ですね!いや、久々に面白い戦いになるかもわかりません!

オークスも武豊騎手で!

そして桜花賞2着からオークスも武豊騎手が引き続き手綱を取ることが発表されています!

もちろんオークスでも好勝負できると思いますが、エアグルーヴ以来のオークス制覇を期待せざるを得ないですね!

武豊騎手のオークスこれまでの人気と成績について!2017は?

桜花賞も2着とはいえ、かなり際どい勝負でしたし、桜花賞馬よりもリスグラシューの方が距離が延びることはプラスに働きそうです。

オークス制覇を応援しよう!

母の父American Postがマイルまでに良績が偏っていますが、オークスでも好勝負は必至だと思います!

まだディープ産駒の有力馬はまだいないですからこれから出てくる可能性はかなり高いと思いますが、リスグラシューのクラシック制覇もかなり可能性はありそうです!

武豊騎手とともに無事にいって欲しいですね!