重賞レース

武豊騎手は札幌記念が超得意!G3時代含めると8勝でG2では6勝!

武豊騎手が先日天皇賞・春を勝利しまして同一重賞8勝目を挙げました。この重賞8勝というのは阪神大賞典・京都大賞典・札幌記念に並ぶものだったんですね!

その多く勝っている札幌記念なんですが、1997年からG2レースに格上げされています。この札幌記念について振り返ってみましょう。

夏のビッグレースに

札幌記念は現在では凱旋門賞の壮行レースになっていたりしているので、秋を見据えた馬たちのステップレース的な位置づけになっていますがそれ以前はハンデ戦だったんですね。

最後のハンデ戦となった1996年はまだ6月最終週の開催でして、マーベラスサンデーがトップハンデをもろともせずに、重賞連勝を飾ったレースとしても有名ですね。

その翌年の1997年にG2に格上げされた札幌記念は時期が8月の中旬に移行され、秋の天皇賞のステップとしても使われるようになっています。

その初代勝ち馬となったのがこれまた武豊騎手のエアグルーヴでした。ちなみにこの1997年には皐月賞馬であるジェニュインも参戦していました。

その後エアグルーヴは天皇賞・秋に勝利しています。

武豊騎手の札幌記念は凄い!

このマーベラスサンデーやエアグルーヴのような一線級の馬たちが使われるようになりまして、豪華メンバーが集まるようになっていますね。

その豪華G2の札幌記念で一番勝ち星を挙げている騎手がやはり武豊騎手なんですね。

G2に格上げされる前を含めると8勝を挙げております。

1993年 ・・・ ナリタタチカラ    (G3)

1996年 ・・・ マーベラスサンデー  (G3)

1997年 ・・・ エアグルーヴ    (以降G2)

1998年 ・・・ エアグルーヴ 

2003年 ・・・ サクラプレジデント

2004年 ・・・ ファインモーション 

2006年 ・・・ アドマイヤムーン  

2013年 ・・・ トウケイヘイロー  

太字はG1ホースですね。こう見ると一流馬が多いように感じますね。なかでも伊藤雄二厩舎はエアグルーヴとファインモーションですから好んでこのレースを選んだいた事がわかります。

またアドマイヤムーンでも勝っていますね。今となってはアドマイヤの馬に騎乗することもないのでしょうが(笑)

2017年はG2・100勝がかかる?

札幌記念はかなり相性のいいレースだということがよくわかりますね!

2017年にはどの馬で参戦しているかはまだ全然わかりませんが、G2レース100勝がかかったレースになるかもしれません。

武豊騎手のG2・100勝目はどの馬?想定では札幌記念あたりか

今年の札幌記念も目が離せないレースになりそうですね!注目しましょう!