ライバル

札幌記念にエアスピネルがルメールとタッグ!天皇賞・秋は?

今年の札幌記念はエアスピネルが中心のレースになりそうですね〜

 

そして鞍上はデビュー以来ずっと跨ってきた武豊騎手ではなくルメールジョッキーに乗り替わりとなります。

 

もちろん G1を3連勝したほどの騎手ですから不安はありませんが、武豊ジョッキーフリークとしては、ちょっと残念なニュースではありますね。

 

G2・100勝もかかっていただけにこれは残念でした。

 

ただルメールジョッキーに乗り替わることで新しい味が出てくるのも確か。

 

今回はエアスピネルの札幌記念について書いて行こうと思います!

エアスピネル2000メートルは皐月賞以来

昨年はクラシックを完走した同馬ですが、今年は全てマイルのレースを使ってきています。

 

なのでこの2000メートルを使うのは昨年の皐月賞以来となりますね。

 

距離適性の幅が広い道場ですから、2000メートルは問題ナイト思うのですが、やや勝ち味に遅い点が気になるのは気になります。

 

今回の札幌記念は金杯以来の重賞制覇となりますでしょうか?

 

 

武豊騎手は降ろされたのか?

では多くの人が思っている「降ろされた」説について考えてみましょう。

 

前走の安田記念が前に詰まってのレースだっただけに降ろされたという説もあるのかもしれません。

ただその前にキタサンブラックが宝塚記念を惨敗してしまっただけに、凱旋門賞の挑戦はなくなりました。

 

そんなことを考えてみると、キタサンブラックは天皇賞・秋を使うのではないか?

 

とエアスピネル陣営が考えるのもない話ではなく、エア陣営が天皇賞・秋を使おうと考えた時に騎手が不在になってしまいます。

 

そこで天皇賞・秋ではソウルスターリングに騎乗するであろうルメール騎手に新しい味を出してもらうためにも依頼したと考えることもできなくはないですね。

 

以前ウォッカに騎乗していた武豊さんですが、ジャパンカップでルメール騎手に変わって勝利したことがありました。

そういう過去のことも考えての今回の判断になった可能性もあるとは思いますが。

 

天皇賞・秋は誰が乗る?

ユタカジョッキーがキタサンブラック、ルメールがソウルスターリングとなるとエアスピネルには誰が乗るのでしょうか?

 

これはあくまでも予想になりますが、この札幌記念で惨敗とかしますとそもそも天皇賞・秋には使って来ないのではないかと思います。

 

もしそうなった場合には富士ステークスからマイルCSというようなローテも全然考えられますよね。

 

ただこれでルメールは昨年の段階で強かったサトノダイヤモンド・マカヒキ・エアスピネルと全ての馬に騎乗することになります。

 

やはりトップジョッキーに馬が集中する時代になってきていますね。

 

とにかく今回の札幌記念の目玉はエアスピネルですから、どんなレースをするのか期待しましょう!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?