海外G1

サトノダイヤモンドは凱旋門賞を勝てるのか?エネイブルが最有力馬!

サトノダイヤモンドが前哨戦であるフォワ賞で4着になってしまいました。

 

前評判では1番人気に推されていましたが、残念ながらダメでしたね。

 

やはり欧州特有の馬場も影響したとは思うのですが、それだけではなく馬場がさらに悪化したのも大きなハンデとなりました。

 

本番を前に不安が露呈された格好となったサトノダイヤモンドですが、本番で巻き返しがあるのでしょうか?

 

フォワ賞での敗戦を活かせるか?

フォワ賞ではやはり重い馬場が応えのか最後伸び切れませんでした。

 

 

断然の1番人気ということは日本の馬が確実に評価がされているのがよくわかりますね。

 

ただフォワ賞は天皇賞・春以来の実戦ということもありまして、状態面ではもう一つの状態だったと聞いています。

 

本番はこの1回叩いた効果が出てくると思われますので、まだまだ期待したいと思います。

 

ルメール騎手はまだ凱旋門賞の勝利なし

そしてこのサトノダイヤモンドに騎乗するルメール騎手ですが、昨年もマカヒキで凱旋門賞に挑戦しています。

 

ただこのルメールでも凱旋門賞での最高着順はプライドの2着です。ディープインパクトの出走した時の2着馬ですね。

 

フランス人ジョッキーとしてもやはりこのレースは勝ちたいレースのようですので、それが日本の馬だったら嬉しいと言ってくれています。

 

特にデビュー以来ずっと手綱を取っているサトノダイヤモンドであれば、なおのこと嬉しいことと思います。

 

強敵は3歳牝馬エネイブルか

ただこの凱旋門賞はそう簡単には勝つことはできないレースですよね。

 

今までヨーロッパの馬以外は勝ったことがないというのも、それを物語っています。

 

そして今年のこのレースで大本命とされている馬は3歳牝馬のエネイブルですね。

 

 

3歳牝馬はこの凱旋門賞では斤量面でかなり恵まれていますし、しかもこの馬は怪物と言われるくらいの強さでビッグレースを勝ってきていますから最大のライバルです。

 

当然ブックメーカーのオッズでも圧倒的1番人気に推されています。

 

凱旋門賞当日は良馬場を望む!

サトノダイヤモンドは現在ブックメーカーでのオッズは6番人気になっています。

 

 

データ上はなかなか苦しいものがありますが、とはいえオルフェーヴルの2着が2回の池江調教師です。

 

ここは本当に立て直してくれるものだと期待したいところでしょう。

 

そのためにはやはり当日の馬場状態は良馬場を期待したいところではあります。

 

そうなるとサトノダイヤモンドにも勝機は生まれるかも?

 

今後のサトノダイヤモンドの状態にも気にしながら凱旋門賞を応援しましょう!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?