2歳馬

シルヴァンシャーがデビュー戦快勝!次走は未定もクラシック候補!

世界的良血馬と言われていますシルヴァンシャー

 

池江厩舎の中でもかなりの期待が大きい馬で今後が楽しみな一頭ですね。

 

そして9月10日のデビュー戦をきっちりと勝ち上がりましてその素質の片りんを見せています。

 

今後まだまだ成長していく必要はあると思いますが、また池江厩舎にダービー馬候補が現れたのは間違いのないところでしょう。

 

シルヴァンシャーについて調べていきます。

 

シルヴァンシャーの血統は?

父 ディープインパクト 母 アゼリ

父の母 ジェイドハンター 

調教師 池江泰寿厩舎

馬主 サンデーレーシング

 

このアゼリの子供ですが、これまでにも何頭かデビューしております。

 

 

 

サトノダイヤモンドに新馬戦で負けたロイカバードはこの血統ですから全兄ということになりますね。

 

今回のこの産駒はサンデーレーシングが馬主になっているので、本気度はこの馬が一番ではないか?とも言われています。

 

母アゼリはG1・11勝の名牝

このアゼリという母馬ですが、アメリカでG1を11勝するほどの名馬だったようです。

 

しかもアメリカでは殿堂入りもしていますね。

 

 

武豊騎手でデビューしましたロイカバードは現在も現役で4勝を挙げていますから、この馬はロイカバードを軽く超えていきそうな雰囲気はあると思いますよ!

 

デビュー戦は快勝!

そして9月10日のデビュー戦、芝2000メートルに出走し見事勝利しました。

 

 

この時期に勝利すると後々ローテーション的にも楽になりますから、まずは一安心といったところでしょうか。

 

池江調教師はサトノダイヤモンドに帯同していなかったのにも関わらず強いレースを見せました。

 

このいない週にも関わらず新馬戦で3頭の勝ち上がりはすごいですね。

[blogcard url=”https://takeyutakafun.xyz/jandarumu”]

 

次走はどのレース?

気が早い話ですが、すでに次走はどのレース?と調べている人が非常に多いですがまだ決まっていませんね。

 

もちろん次走の情報がでてくれば更新していきますが、注目度の高い馬だけにみなさん気になる感じでしょう。

 

狙うところは当然2018年のクラシックであり、ダービーでしょう。

 

今回はミルコ・デムーロ騎手が騎乗しまして、勝った後のコメントは2000でも2400でも大丈夫とのこと。

 

否が応でも期待は高まります!ただ次走には鞍上がルメールになっているかも?(笑)

 

いずれにしてもPOGでもかなりの人気を集めている馬が期待通りの結果を出したのはとりあえず一安心といったところでしょうか。

 

しかもディープインパクト産駒ですから、当然クラシックを意識したローテーションになると思います!

 

動向についても気にしておこうと思います!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?