武豊G1成績

武豊騎手の秋華賞の人気と成績一覧!2017はリスグラシュー!

秋華賞は現在では牝馬三冠レースの最終決戦として知られていますが、1995年まではこの役割を担っていたのはエリザベス女王杯でした。

 

そして1996年にエリザベス女王杯が古馬混合のレースとなったことで、この秋華賞が桜花賞とオークスの間の距離ということで2000メートルで誕生しています。

 

秋華賞を勝利したのは3回!

武豊騎手が秋華賞は3勝していますが、勝った馬はどの馬もいい馬ですね~

  • 1998年 ・・・ ファレノプシス
  • 2002年 ・・・ ファインモーション
  • 2005年 ・・・ エアメサイア

創設初年度が1996年ですから3年目にはすでに勝利したことになります。

 

ではこれまでの全成績一覧を見ていきましょう!

秋華賞の全成績一覧

騎乗年

人気

1996

エアグルーヴ

10

1

1997

エミノオクリモノ

9

13

1998

ファレノプシス

1

2

1999

トゥザヴィクトリー

13

1

2002

ファインモーション

1

1

2003

アドマイヤグルーヴ

2

1

2004

ダンスインザムード

4

1

2005

エアメサイア

1

2

2006

アドマイヤキッス

4

1

2007

ベッラレイア

4

3

2008

ユキチャン

17

9

2009

ミクロコスモス

5

4

2010

アプリコットフィズ

3

2

2011

デルマードゥルガー

6

6

2012

トーセンベニザクラ

9

7

2013

スマートレイアー

2

1

2014

ディルガ

9

14

2015

トーセンビクトリー

8

4

2016

レッドアヴァンセ

5

5

2017

リスグラシュー

2

4

デビューからの総合計は20回の騎乗で1着が3回で2着が3回あります。

 

エアグルーヴが負けた時は正直驚きの方が大きかったですね。

 

確かにローテーション的には不安視されていましたが、勝つだろうと思って見ていました。

 

敗戦後にカメラのフラッシュで入れ込みが激しくなりしかもレース中に骨折していたとのことでしたが、これはいい訳だと思っていましたね。

 

しかし、彼女の真価は翌年発揮されることに。

 

勝った馬もファビラスラフィンですから、まあ仕方のないレースだったと思います。

ファインモーションが楽勝で優勝

ファインモーションの秋華賞勝利、また続くエリザベス女王杯での勝利は強い牝馬がまた現れたと話題になりましたね。

 

実際エリザベス女王杯までは本当に強いレースを見せて、この馬はどこまで強いんだろうと思わされたレースも多かったです。

 

finemotion1

この秋華賞は圧巻でした。あまりにも簡単に勝ちすぎましたのでムチなど入れる必要性もなかったですね!一気にこの馬のファンが増えた瞬間でもありました。

エアメサイアでの勝利

桜花賞・オークスは惜敗していましたエアメサイアですが、この秋華賞を勝つことで春の悔しさが少し晴らせました。

 

オークスではシーザリオに最後急襲されて破れましたが、この秋華賞の時にはすでに引退していましたので、相手は桜花賞馬であるラインクラフトただ一頭という状況でしたね。

 

airmesaia1

そしてこのラインクラフトをわずかにクビ差退けることができて最後の1冠を何とかしてものにできました。

 

子供のエアスピネルはクラシックには届きませんでしたが、マイル戦でなんとかG1を勝ってほしいですが(笑)

2017年はリスグラシュー!

2017年は桜花賞・オークスと相棒だったリスグラシューに騎乗する予定になっていますね!

 

ソウルスターリングが参戦してこないだけにチャンスはあると思います。乗り方一つで勝つチャンスはあると思います。

 

2005年以来の勝利を目指してまたこの舞台で活躍して欲しいです!

 

結果は2着でしたが、なかなかいい勝負ができましたね!