ライバル

ソウルスターリングは次走毎日王冠から天皇賞でキタサンブラックと対決

ソウルスターリングの秋のローテーションが発表されていますね。

 

秋は毎日王冠から天皇賞・秋という古馬の王道ローテを3歳牝馬がするようですね!

 

確かにずば抜けた能力を持つ彼女ですから、このローテでも連勝するかもしれませんね。

 

ソウルスターリングの秋の始動について考えてみましょう。

 

ソウルスターリングの血統

父 フランケル 母 スタセリタ 母の父 モンズン

美浦 藤沢和雄厩舎

主戦騎手 ルメール

 

 

父も母も世界的名馬ですので、このソウルスターリングが今こうやって日本でかなり強い競馬を見せているのは全然納得ができますね。

 

ただフランケル自身が2400メートルの距離を走っていない中でのオークスの勝利は価値のあるものだと思いますね。

 

毎日王冠と天皇賞・秋の両にらみ?

そして秋のローテーションですが、毎日王冠と天皇賞の両にらみということがいわれていますが、まずは毎日王冠に出走してくるものと思われます。

 

春の桜花賞に負けて関西延性が嫌になったのでしょうか(笑)秋華賞に出てくれば確勝クラスかと思いますが…

 

また毎日王冠に体調が整わなければ、直接天皇賞・秋もあるとのことです。

 

秋の天皇賞ではキタサンブラックとの対決が!

当初秋の天皇賞にはキタサンブラックは出走予定がありませんでした。

 

ただ宝塚記念を惨敗してしまいまして、海外遠征が白紙になってしまいました。

 

するとこの秋のローテーションが天皇賞・秋→ジャパンカップ→有馬記念と発表されたことにより、そうすスターリングとの対戦が実現することに!!

 

 

これは楽しみな戦いになりますね。ただあれだけの惨敗をしてしまったキタサンブラックの精神状態が心配ではありますが…

[blogcard url=”https://takeyutakafun.xyz/kitasan-tennoshoaki”]

 

でももし本当に対戦が実現すると東京競馬場はかなり盛り上がることになると思いますよ!

 

来年は海外遠征がある!?

この秋の天皇賞にもし勝てば、その次に走るのはやはり香港カップの可能性が高いでしょう。

 

父フランケルも2000メートルまでの距離がベストだったように、彼女もそれくらいがベストかもしれません。

 

オークスに勝利したのは、あくまでも「女の子同士の戦いだったら」ということを藤沢先生はおっしゃっていますので、ベストは2000くらいと思っているでしょう。

 

そうなると昨年のモーリスのようなローテーションがかなり現実的になってきますね。

 

ジャパンカップには同きゅう舎のレイデオロもいることですし(笑)

 

いずれにしてもこの秋の戦い次第で来年への期待が大きくなるソウルスターリング。

 

まずは無事に毎日王冠に出走してほしいと思います!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?