武豊G1成績

武豊騎手の高松宮記念の過去の成績一覧!2018はダンスディレクター?

春の電撃G1である高松宮記念。

武豊騎手はこれまでにこのレースを2勝しています。

元々夏休み前のG2だったこのレースですが、1996年にG1へ昇格してから春のスプリント王決定戦に変わりました。

この高松宮記念ですが、ほぼ毎年同じ週にドバイワールドカップがありますので、武豊騎手が騎乗できないG1の一つとなっています(笑)

しかし大阪杯がG1に格上げになったことにより、2018年は高松宮記念の週にドバイではなくなりましたよ!

日本のトップジョッキーがドバイに行かないのでいいレースを期待したいですね!

高松宮記念はこれまで2勝

武騎手はこれまでにこのレースを2勝していますが、この2勝というのは下記になります。

高松宮記念の勝ち馬

2005年 ・・・ アドマイヤマックス

2007年 ・・・ スズカフェニックス

少ない騎乗数ながら2勝しているのはさすがといったところでしょう。

高松宮記念の全成績一覧

人気

1996

ナリタブライアン

4

2

1997

チアズサイレンス

10

9

1998

シーキングザパール

4

1

1999

シーキングザパール

2

1

2000

アグネスワールド

3

2

2003

ディスタービングザピース

13

4

2005

アドマイマックス

1

4

2007

スズカフェニックス

1

1

2011

サンダルフォン

13

12

2012

アグネスウィッシュ

7

7

2013

エピセアローム

14

5

2015

コパノリチャード

5

5

2018

ダンスディレクター

4

4

デビューからの総合計ですが、13回の騎乗で1着が2回、2着が1回となっています。

連対率でいうと悪くない数字ですね。

ただやはりあんまり電撃戦で勝っている印象が少ないのは少ないですね。

ナリタブライアンでの参戦

高松宮記念で印象に残っている馬は、勝った馬ではなくナリタブライアンです。

このナリタブライアンの高松宮記念参戦は物議を醸しましたし、インパクトもかなりありました。

前走の天皇賞・春でサクラローレルに完敗したあと、宝塚記念に直行すると思われていたナリタブライアンが、昇格初年度の高松宮記念に使ってきたので。

3200メートルの後の1200メートルですから、馬自身が最初のペースは戸惑いましたね。

しかし、最後は猛然と突っ込んできて4着でしたが、見せ場はかなりあったと思いますよ!

馬券は当然買いませんでしたが(苦笑)その時に解説の大川慶次郎さんが「大したもんですよ!」と言っていたのが印象にまだ残っています。

アドマイヤマックス・スズカフェニックスでの勝利

アドマイヤマックスの勝利が最初の勝利でした。

この馬もスプリント路線で勝つイメージはなかったのですが。 admax

どちらの馬主ともに以前は武豊騎手がたくさん乗っていましたが、最近はほとんど乗っていませんね。

アドマイヤは不仲説などがありましたからわかりますが、スズカはなぜなんでしょうね?

スズカの馬でのG1はこのスズカフェニックスのレースだけですね。

サイレンススズカで勝っていないというのは、未だに不思議な気持ちがしますが。

suzukaphoenix

2018年はダンスディレクターで参戦か?

2018年はドバイの週がずれましたので、騎乗することができます!

現時点ではダンスディレクターに騎乗する予定とのことですが、どうなるでしょうか?

もし騎乗すれば3年ぶりの高松宮記念になりますね。

そして4番人気で4着になりました。

ドバイと重なっている間はなかなか乗る機会が少ないとは思いますが、今後も勝利を目指して欲しいですね!

ぜひこれまでのデータを参考にしてくださいね!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?