お手馬

トーセンビクトリーでマーメイドS勝利?エリザベス女王杯もこの馬?

安田記念が終了し、一度G1シリーズがお休みになっていますね。6月25日の宝塚記念は注目のレースになるのですが、これからは夏競馬がメインになってきます。

夏競馬を彩るのはやはり牝馬ということで、マーメイドステークスがありますね。良血のこの馬に武豊騎手は重賞2勝目をプレゼントできるでしょうか?

トーセンビクトリーはトゥザヴィクトリーの子

栗東の角居厩舎所属のトーセンビクトリーですが、島川オーナーが馬主ですね。

島川オーナーは武豊騎手をよく乗せてくれる馬主としてもかなり有名です。

そしてこのトーセンビクトリーはトゥザヴィクトリーの子供ですので、ユタカジョッキーとは縁があります。トゥザヴィクトリーは武豊騎手でエリザベス女王杯を勝った馬ですからね(笑)

武豊の名勝負第7弾!2001年エリザベス女王杯のトゥザヴィクトリー

現在は5歳になっていますので、秋の大きな目標は母が勝ったレースであるエリザべス女王杯でしょう。

中山牝馬ステークスで重賞初勝利

2走前の中山牝馬ステークスで重賞初勝利を武豊騎手で挙げていますので、今後もこのパートナーは継続していく方向でしょう。

前走の阪神牝馬ステークスはマイルで流れが向かなかったというのもありますので、今回の阪神2000メートルは力を発揮しやすい舞台になると思いますね。

角居厩舎の馬に最近はまた乗鞍が増えている気がしますので、2歳新馬の有力馬も乗ることが期待されますね。

それとやはり不調な時期に支えていただいた島川オーナーの馬でもありますので、一緒にG1を、という思いは強いでしょう。

父キングカメハメハはレイデオロでダービー勝利!

そして父キングカメハメハは日本ダービーをレイデオロで制したばかりですので、勢いもありますね。

キングカメハメハの種付け料は?2016年はなんと1000万円なり!

もちろん大種牡馬ですが、やはり勢いというのはありますので今回もかなりチャンスだと思います。

当面のライバルになるであろうマキシマムドパリもキンカメ産駒。キンカメ産駒のワンツーなんてことも大いに可能性がありそうです。いい戦いを期待したいですね。

マーメイドステークスは過去3勝

これまで武豊騎手はマーメイドステークスを3勝しています。

エアグルーヴ、アドマイヤグルーヴ、ディアチャンスの3頭ですね。その内2頭はG1ホースです。

エアグルーヴのオークス勝利他武豊オークス3勝のまとめ!

秋の大目標であるエリザベス女王杯に向かうにも重賞2勝目をゲットしておきたいところでしょう。

2歳新馬戦だけではなくマーメイドステークスにも注目しましょうね!