ワグネリアン

ワグネリアンの次走は弥生賞に決定!皐月ダービー二冠なるか?

東京スポーツ杯2歳ステークスが終了して、圧倒的な強さでワグネリアンが勝利いたしましたね!

これで2歳戦での戦いはひとまず終了とのことで、少し休養をとるみたいですね。

 

ただ2歳の重賞であんなタイムで走って大丈夫なんでしょうか?

現時点での世代ナンバー1評価は間違いのないところだと思いますので、来春のクラシックが非常に楽しみになってきましたね!

東スポ杯で重賞初制覇!

単勝1.4倍の圧倒的な一番人気で出走したワグネリアンですが、初めての遠征や輸送といったことをクリアして完勝しましたね。

この単勝の人気を見てもわかる通り、関東の競馬ファンにもすでにその強さは認知されていることがよくわかりました。

2番人気のルーカスでしたが、何とか2着は確保したものの現時点での完成度は違っていましたね。

やはりルーカスが本格化していくのはお兄さんのモーリスと同じように3歳の終わりくらいなのかもしれません。

 

それでも潜在能力の高さを見せたレースだと思いますし、2着を確保したのは賞金加算の上でも大きかったと思いますよ!

ワグネリアンの次走は弥生賞!

現段階ではクラシックの最有力候補となったワグネリアン

金子さんの馬ということもあり、人気もかなり出てきそうな感じですよね。

 

そして次走の情報がすでに出てきております。

次走は友道厩舎・金子オーナーの先輩ダービー馬マカヒキと同じで弥生賞ということに決まりました!

 

これは本気で二冠を狙っているローテーションというか、ディープインパクトを意識したローテなのかわかりませんけど、期待が大きく膨らみます。

鞍上は福永祐一でいく?

ここまで新馬戦・野路菊ステークス・東京スポーツ杯2歳ステークスの鞍上はいずれも福永祐一騎手が務めてまいりましたね。

 

もちろんこの後も福永騎手が騎乗すると思うのですが、春の牡馬二冠はいずれも勝ったことがない福永騎手だけにファンの方もそこを不安視している人が結構多いです(笑)

 

とはいえトップジョッキーですし、リーディングも獲得したほどの人ですから必要以上の心配は無用だと思いますし、今回のワグネリアンはこれまでの中で一番期待が大きいという発言もしているようですよ!

 

ひょっとしたらディープインパクトよりも強いかも?という評価はまだまだ時期尚早だとは思いますが、大きな期待を寄せられる馬だと思いますよ!

なんかすごくディープインパクトに似ている気がするんですよね。

まとめ

2歳G1には出場しないので、最優秀2歳牡馬に選ばれることはないと思いますが、ファンの間ではこの馬がナンバー1という認識が当然あるでしょう。

 

朝日杯に出る予定のダノンプレミアムやホープフルステークスに出る予定のジャンダルムを弥生賞で待ち構える形になると思います!

でも2歳チャンピオンよりも春二冠の方が重要だと思いますので、陣営の判断は正しいと思いますよ!

 

次走弥生賞まで4ヶ月ほど空きますが、その間に更なる成長をしてくれると大きいところを確実に取れる馬になると思います!

 

2018年はワグネリアンの年になると思います!