G1レース

武豊騎手の未勝利G1は?朝日杯FSで2着が4回!ホープフルSも!

武豊騎手のG1勝利数が100勝を超えているのは武豊ファンであれば周知の事実ですね。

 

現在のG1勝利数は地方・海外含めて110勝にまでなっています。

しかし、まだ勝っていない中央のG1がありますよね。

 

それが朝日杯フューチュリティステークスとホープフルステークスです。

 

ホープフルステークスに関しては、2017年の新設G1ですのでまだ成績はありませんが、朝日杯に関しては過去にも惜しいレースがいくつかありました。

 

その悔しいレースを見ていきたいと思います。

朝日杯の騎乗はこれまで17回

朝日杯のこれまでの成績は別の記事で詳しく書いてありますので、そちらを参考にしていただいきたいと思います。

 

そしてここでは武豊騎手が惜しかった2着になったレースについて少し詳しく見ていきたいと思います。

1994年スキーキャプテン(2番人気)

まずは朝日杯FSの最初の騎乗となりましたスキーキャプテンですね。姉にスキーパラダイスがいる超良血馬です。

この朝日杯の時点で翌年にはケンタッキーダービーに挑戦する!というプランも持ち上がっていた馬ですから、かなり期待の大きかった馬ではありました。

 

そのスキーキャプテンに待ったをかけた馬が1番人気で怪物サンデーサイレンスの初年度産駒フジキセキでした。

 

漆黒の馬体のフジキセキと2歳の芦毛ですでに真っ白なスキーキャプテンの対決はかなりの注目を集めました。レースはその注目通り、最後の直線は逃げるフジキセキに追うスキーキャプテンという図式になり、フジキセキが勝利しましたね。

レースぶりからスキーキャプテンも負けて強しの内容だっただけに惜しいレースといえば惜しいレースでした。

 

ただ今考えてみるとフジキセキは全然本気で走ってなかったようにも見えますね。

 

翌年の弥生賞を勝って引退してしまったのですが、弥生賞の一瞬の足は凄いものがありましたからね。

 

もしクラシックに進んでいたら二冠馬には間違いなくなっていた逸材だったと思います!

1995年エイシンガイモン(2番人気)

翌年の1995年、またすぐに朝日杯を制するチャンスが訪れました。それがエイシンガイモンですね。

 

前走の白菊賞で勝利した3戦2勝のエイシンガイモンは芹沢騎手からこの朝日杯は武豊騎手の手綱になりました。

 

しかし不運なことにここにもまた強いチャンピオンホースとの戦いになります。サンデーサイレンス産駒の良血馬バブルガムフェローでしたね。

 

レースは4コーナーでエイシンガイモンが先頭に立つも、バブルガムフェローがゴーサインを出すとすぐに反応し、着差以上の力の差があったレースとなりました。

1998年エイシンキャメロン(2番人気)

1998年のエイシンキャメロンのレースは本当に惜しいレースでしたね~

 

着差もわずかですが、本当にミスなく騎乗して最後の追い比べでわずかに負けたというレースでした。

エイシンキャメロンは外国産馬で、当時のルールではクラシックに出られませんでしたから、ここは本当に勝っておきたいレースではありました。

 

ただこのレースも人気は2番人気。これまでに負けた3回とも2番人気で負けた馬はすべて1番人気ときちんと人気通りの走りは見せていたことになりますね!

2015年エアスピネル(1番人気)

そして最近の惜しいレースといえばこのレースですね。朝日杯で1番人気に騎乗するのは、2008年のブレイクランアウト以来でした。

 

またこのレースは武豊騎手のG1完全制覇がかかっていたレースでしたので、例年の朝日杯よりも更に注目度が高いレースであったことは間違いありません。

 

そして1番人気にふさわしい堂々としたレースで直線に入りましたが、そこからなんと1頭だけ別次元の脚を使ってきた馬がいました。

 

それがリオンディーズでしたね。

最後は完全に抜き去っていましたから、潜在能力は計り知れないものを持っていたと思われていました。

 

残念ながら3歳になってからその能力を開花させれることはありませんでしたが(笑)

 

ただこのエアスピネルはまだ現役ですので、今後G1レースを取ってあげたいですね!

まとめ

ここまで確かに縁のなかった朝日杯フューチュリティステークスですが、クラシックレースで凄い成績を残しているユタカジョッキーからすると意外な感じもします。

 

そして完全制覇まではG1が増えてしまったので、もう一つホープフルステークスというレースもできてしまいました。

 

一年で両方のレースを勝つことはなかなか難しいことだと思いますので、2017年はどちらかのレースに勝って再び王手をしてもらいたいと思っています!

 

武豊騎手のG1完全制覇に期待しましょう!

武豊騎手G1完全制覇の道!2017年のG1成績と想定される馬は?!

競馬も勝ちたいけどゴルフもうまくなりたい!

競馬を好きな人は意外とゴルフも好きな人が多いって知っていましたか?

私の周りのサラリーマンなどはゴルフ場に行ってよく競馬の結果を気にしている人が多いです。

でもゴルフはなかなかうまくならない…

それは競馬が独学で勝てないのと同じでゴルフも独学ではうまくなりません。

やはりプロに教えてもらう必要があるのですが、そんな時間がない人には家で勉強できる教材が今の時代にはありますね。

谷将貴のゴルフシンプル理論完全マスタープログラムはそんな時間のないあなたにぴったりの教材かもしれません。

ゴルフがうまくなりたい人はやはり多少の投資は必要ですね。

馬券代を少し削って努力してみてはいかがでしょうか?